アメリカ

ドラマ「ブラックリスト」は抜群に面白い!その理由と主要キャストをご紹介

動画配信サイトに加入してからというもの、どっぷりと海外ドラマにはまっています。

最高にはまったのが、重要指名手配犯とFBIがくりひろげる犯罪サスペンス「ブラックリスト」

これははっきり申しまして、好みはあろうかと思いますが、抜群に面白いです。

主要キャストのベースになる物語があり、それが変化していく様子を楽しめると同時に、毎回異なる犯罪者逮捕劇にハラハラ・ドキドキしながら手に汗握ったり、えーーー!そうなっちゃうのっ?!と予想外の展開にびっくりしたり。

そんな海外ドラマ「ブラックリスト」を支える主要キャストと何故面白か?の理由ご紹介したいとおもいます。

ネタバレ含みますので、ご注意くださいね。

作品の概要

2013年9月からNBCで放送が開始された、アメリカの犯罪サスペンスドラマシリーズ。アメリカでは、第1話の視聴者数1,234万人を記録し、ライブ視聴では同日同時間帯のトップに。

現在、日本ではシリーズ5までdTVチャンネルU-NEXTNetflixで視聴可。

動画配信サービスの実際使っている3つのVODサイトを比較!価格や特徴の違いは?増えましたね。動画配信サービス。どれを選んだらいいか迷いますよね。 月々の料金が安いから!という理由だけで選ぶのはちょっと待って!...

FBIの最重要10大指名手配犯「レイモンド・レディントン」が、ある日、ブラックリストに掲載されている凶悪犯罪者の逮捕に協力すると、FBIに出頭します。

ただ、ブラックリストの情報についてレイモンドは、配属されたばかりの新米FBI捜査官「エリザベス・キーン 」にしか話さないと言い、配属されたばかりのエリザベスはレイモンドとの連絡役に。

FBIではブラックリストに載っている犯罪者逮捕のための特別チームが組まれ、レイモンドの協力で次々と極悪犯を逮捕していきますが、レイモンドには出頭した真の理由があり、エリザベスも秘密を抱えた夫と結婚生活を送っています。

レイモンドの本当の姿、エリザベスと結婚した夫:トムの秘密、それらに翻弄されるエリザベス。

FBI特別チームの様々な問題、FBI内部の力関係、レイモンドの国際的犯罪網等々、毎回抜群に刺激があって面白いんですよっ。

主要キャストはレイモンドと、いつも彼に影のようについている片腕:デンベ、そしてFBI特別チームのメンバー。彼らを取り巻く様々な問題が軸になり、毎回ブラックリストに載っている犯罪者を追う話しが、ほぼ1話完結で続いていきます。

刺激的ですよぉぉぉ

抜群に面白い!その理由

ネタバレ含みますので、ご注意くださいね。

「ナイトシフト真夜中の救命医」軍医が活躍する海外ドラマのキャストと魅力日本ドラマでも医療系は大好きですが、国が違うと医療現場の雰囲気も違い、ナイトシフトは元軍医が多いERの現場を描いているので、ワイルドです。そのワイルドなナイトシフトの魅力は、個性的なキャストによるチーム力と人間力にあり!...

ブラックリストを観る前にはまっていたドラマが「ナイトシフト」。最終話まで鑑賞した後、同時に見始めたのが「ブラックリスト」と「グッドワイフ」

ブラックリストは、特別イケメンが出ているわけでもなく、「おじさん(レイモンド)がFBIに出頭して物語が始まるわけね、ふーん」ぐらいな感じでしたし、

配属してすぐにレイモンド担当になったエリザベスにも特に魅力を感じず、2話ほど観てからはグッドワイフに移行。

ところが!グッドワイフにも飽きてきたころ、まだ途中だったこと思い出して「ブラックリスト」にシフトして以来、もう夢中です。

「ブラックリスト」の場合、シーズン1の挿入部はそれほど面白くないかも・・と思ってもどんどんどんどん盛り上がっていくし、話しも広がりを見せるので、1・2話だけ観て評価せず、是非是非続けてください。

何故、途中から俄然面白くなってきたのか?

それは多分、最重要指名手配犯「レイモンド・レディントン」の魅力。犯罪の限りを尽くした大悪党なんだけど、人物が魅力的なんです。

非情な殺し屋でもありながら、近しい人には愛情深い、それが理解されなかったりもしますが、そんなときはすごく悲しそうな表情になって、思わずレイモンド!ガンバレ!と心の中で応援したくなっちゃいます。

愛し合って結婚したはずのエリザベスとトムの結婚生活が、実はトムの策略によるものなのでは?じゃあ、それは何故?

という謎解きのようなところもあり、その謎が知りたくて続きを見たくなり、毎話じれったいほど小出しにその要因が明かされてきたりもして、先が楽しみでならなくなります。

レイモンドは、大泥棒でもあり世界を股にかけるあらゆるものの密売や犯罪の仲介などを仕掛けるシンジゲートのボスでもあるから大富豪なわけです。

ブラックリストに載っている犯罪者逮捕に協力する形で、レイモンドがまるで車に乗るような気軽さで自家用ジェットを用意し、世界中を飛び回る様子もワクワクします。

キャスト紹介

シーズンを通して出演している主要キャストを挙げてみました。確信には触れていないつもりですが、ネタバレは含みますことをご了承くださいね。

レイモンド・“レッド”・レディントン

James Spader ジェームズ・スペイダー

海軍兵学校で司令官になるための教育を受け、24歳の時に優等生として卒業。合衆国の機密文書が世界に流布した事件など、海外で多数の陰謀に関与。

食事・ファッション・ブランド品に対して独自のこだわりを持ち、かなりの博学。犯罪者に会っても、敵に遭遇しても、とにかくおしゃべりなおっさん。世界の犯罪者たちがひれ伏すほどの力を持ちながら、やることなすこと、なんとなく憎めないキャラクター。

エリザベス・キーン

Megan Boone メーガン・ブーン

法心理学の専門家でプロファイラーでもある新人特別捜査官。前科者の父に捨てられた後、養父のサムに育てられて、トムと結婚。

子どもの頃の記憶が断片的にしかなく、自分のルーツを知りたがっているも、そこには秘密があり、それによって後に大きな陰謀に巻き込まれます。

平凡な結婚をして、新しい職場に出勤しようかと思っていた朝に巻き込まれた事柄によって、そこから波乱万丈な毎日を送ることになります。

トム・キーン

Ryan Eggold ライアン・エッゴールド

エリザベスの夫であり教師。ところが、トムは裏の顔を持ったスパイということがわかり、エリザベスと憎しみあうようになり別れるものの、最終シーズンまでエリザベスにとって重要な存在。

優し気な教師の夫かと思いきや、ものすごく強いんです。でも、その強さの秘密は生い立ちにあることが後々わかってきます。

ブラックリストのスピンオフドラマ『ブラックリスト リデンプション』では主役を務めています。

デンベ

Hisham Tawfiq ヒシャム・タウフィーク

レイモンドのボディーガード。出番はそう多くないものの、レイモンド行くところにデンベあり!って感じ。身体を張ってレイモンドを守ります。

幼少期にレイモンドから助けられた恩義を感じていて、ものすごく忠誠心が高く、寡黙だけど非常に頼りになる存在。しかも10か国語に精通しているという、素晴らしい能力の持ち主。

誰の言うことも聞かないレイモンドに、ボソッと助言し、レイモンドもデンベの助言に従うか否かは別にしても、ちゃんと聞く耳を持つんです。ふたりの信頼関係の強さがそこでわかりますよね。

多くは語らないけど、愛を感じる人です。

ハロルド・クーパー

Harry Lennix ハリー・J・レニックス

FBI国家保安部のテロ対策部次官。エリザベスのボス。上と下の狭間で悩みも多いけど、いざとなったら部下のために上司との衝突も厭わない頼りになるボスです。

ストーリーの中で、もしかして余命いくばくもない?と危ぶまれたこともありましたが、それも陰謀とわかり、無事生還します。その時はホッとしましたねぇ

ドナルド・レスラー


Diego Klattenhoff ディエゴ・クラテンホフ

FBI捜査官でエリザベスのバディ。正義感が強く、当初はレイモンドの協力を快く思っていませんでした。

部の方針には疑問を感じつつも、犯人検挙に対しては並々ならぬ情熱を持っています。エリザベスとは相棒ながら、ぶつかることも多々ありつつ捜査にまい進します。

元妻と寄りを戻そうとしていた時に、元妻が事件に巻き込まれ、それがレスラーのトラウマになってしまう時期がありーの、仲間も知らない事件を起こしたことでゆすられたりする時期がありーのと、結構いろいろあります。

面白さを加えるキーパーソン

主要キャストではないけど、ブラックリストがより面白くなるネタをぎゅっと握っているキーパーソンと私が思う二人をご紹介しますね。

ミスター・キャプラン

Susan Blommaert スーザン・ブロンマート

見かけは普通のおばさんなんだけど、レイモンドの片腕としてすごい仕事をするんです。そのスピードとクオリティは天下一品。

だけど、後にレイモンドとあれこれあってから、キャプランは豹変します。

エリザベスとも深い縁があり、それが解き明かされていくストーリーも実に興味深いんですねぇ

スーザン・ハーグレイブ

Famke Janssen ファムケ・ヤンセン

役柄の説明の前に、ちょっと感想を。この女性、オランダ出身のモデル兼女優さん。ほっそりとした体形と182センチという高身長を考えれば、なるほど!と思うんだけど、とにかく年齢不詳な感じだったんです。

1964年11月生まれとなっているので、50オーバー!痩せすぎかな?とは思うけど、いつでもピンヒールで颯爽と歩き、シャキッ!とした姿は見事です。

で、スーザンですが、表向きは企業の社長を務めるやり手。ところが裏の顔も持っていて、これが結構えげつない!と思っていたら、そんな事情もあったのね!という驚きも混ぜ込んできます。

そこをバラしちゃったら、面白さが半減すると思うので、黙っておくことにします。

とにかく、全話出演しているわけではないけれど、出てくると強烈なインパクトを残してくれるキーパーソン。

シーズン1から5まで動画配信サイトで視聴可

dTVチャンネルNetflixU-NEXTで観られます。

海外ドラマや映画は、字幕で観るのが好きですが、とにかくレイモンドはうんちくを語りだすと早口でおしゃべりなので、字幕だと間に合わない場合がありました。

ドラマの英語がそのまま日本語と同じレベルで理解できればいいんだけどねぇ。残念!

なので、特に字幕にはこだわらない、どちらでもいいという方は吹替がおススメです。

シーズン6は?

 

View this post on Instagram

 

We have a S6 poster for #theblacklist friends!

Megan Booneさん(@msmeganboone)がシェアした投稿 –

アメリカでは2019年にシーズン6がスタート!と思っていたら、日本でも「スーパー!ドラマTV」で2019年4月からシーズン6の放送がスタートしています。

有料放送なので、通常のテレビ番組ほど気楽には観れないけど、ブラックリストファンの方は是非!