ドラマ

映画「女王陛下のお気に入り」は豪華な宮殿と衣装で繰り広げる愛憎劇というネタバレ感想

賞レースにも乗っかっている「女王陛下のお気に入り」は、いい意味で私の期待の片鱗を裏切ってくれました。

中世のヨーロッパを舞台にした映画は、豪華な衣装や舞台になる宮殿がロマンティックなので、そうした意味では大変堪能いたしましたが、帰宅後「この映画は18禁だったかしら?」と確認したほど、エロスぶち込んでいました。

時は、イングランドとフランスが戦争をしている真っ最中にも関わらず、戦争場面は一切出てきません。

アン女王を巡って、側近:サラとアビゲイルが繰り広げる愛憎劇。ラブストーリーなんていう軽やかで甘いムーディなモノではありませんので、悪しからず。

感想にはネタバレを含みますことをご了承くださいね。

作品の概略

ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の愛憎を描いた、アイルランド・イギリス・アメリカ合作の映画。

病気がちで気まぐれ・我儘な女王アン(オリヴィア・コールマン)に代わって、幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が宮廷で絶大な権力を握っていた。

そんな中、サラの従妹にあたる没落した貴族の娘:アビゲイル(エマ・ストーン)が宮廷に現れ、アン女王の侍女として仕えることになる。

サラは絶大なる権力を握っていたものの、アビゲイルは再び貴族の地位に返り咲くためにアン王女に仕掛けていく。アン王女を挟んだ女の戦いの行方は・・・

感想

アン女王を演じていたのは、英国アカデミー賞の主演女優賞を授賞したオリヴィア・コールマン。とにかくすごい!

肥満が原因の痛風に悩まされていて、足が痛いと夜中に大騒ぎ。その騒ぎっぷりと言ったら、とても大人とは思えない。

女王であるにも関わらず、あまり政治活動に興味はない。容姿にも才能にも恵まれず、子どもにも恵まれなかった非常に孤独な中年の女王を迫力たっぷり、絶大の存在感で演じていましたね~。

 

View this post on Instagram

 

Emma Stone, Olivia Colman and Yorgos Lanthimos ❤️ #emmastone #oliviacolman #yorgoslanthimos

Emma Stoneさん(@emmastonepictures)がシェアした投稿 –

オリヴィアさん、こんなに美しいのに、アン女王はとっても疲れて孤独を背負っているようなおばさんだったもの。女優ってすごい!

ヨルゴス・ランティモス監督とエマ・ストーン。

その1 豪華な宮殿と衣装


画像引用元:映画.com

見てください!この絢爛豪華なアン女王の寝室。これこそ、中世ヨーロッパを舞台にした映画の醍醐味です。うっとり。

現在の日本にいて、手軽にこうしたインテリアを見られる楽しみが映画にはあるってことです。

この作品は、ほとんどのシーンが宮廷の中。アン女王のベッドも天蓋付きだったし、そりゃあそりゃあ調度品全てがため息モノなので、字幕も読まなくちゃならないけど、そこらへんもしっかり見て欲しいところですかしらね。

天井もしっかり映るし、時代は18世紀で灯りはキャンドル。その光の中でぼんやりと見える様子に、オンナ3人の嫉妬や野望を浮き上ってくるわよぉ

女優3人の衣装も見どころ!宮廷内のドレスは、比較的色味が抑えられていて地味ですが、クレー射撃?いや、鳥を打ち落としているから違うか。

宮殿の庭で銃を使うときや乗馬のときは、メンズライクなスーツを着用しているんだけど、それもまたカッコイイんです。

その2 我儘で孤独な女王を巡る恋愛劇


画像引用元:映画.com

特に予習はしていかなかったので、ぼんやりと歴史上にありがちな、人間ドラマかしら、と思っていたら、いえいえ!そんな軽いもんじゃあありませんっ。

ドロドロです。オフィシャルサイトに書かれているように、『孤独な王女とその寵愛を奪い合う二人の女を描く宮廷絵巻。これはまさに英国版”大奥”』でしたね。

女王でありながら政治には興味がなく、全てサラ任せ。昼も夜もサラがいないと、何もできやしない風痛女王はわがまま放題です。

サラにべったり頼りっきりのアン女王は面倒だけど、そりゃあその代わりに国を動かす権力を握っちゃってんだから、天秤にかけたら文句なく権力を取るわけよね。

その関係に割って入ってきたのが、アビゲイル。これがまた大した玉だったわけ。決してサラには逆らわないけど、宮廷にいるオトコどもを利用して、アン女王の寵愛を奪おうと虎視眈々。

女王として育った天真爛漫なアンは、ジワジワとアビゲイルの術中にはまっていくわけ。そのやり口が、かわいい顔して結構あくどい。

この映画は、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督作品だけあって、あらゆる意味でフツーじゃない。

要は

ひとりのセレブなオトコの持っているお金や地位に魅力を感じて、オトコの気を惹こうと二人の女が、自分が持てる全ての魅力と知恵を絞って奪い合う図、ってのと何ら変わりはないのよ。

でも、それを豪華な宮廷とキャンドルの灯りが揺れる場所で演じていると、怪しさが満ちてくるから舞台ってのは大事ね。

その3 唐突にぶち込まれるエロス

映画の冒頭からおったまげたのが、馬車の中での男性の行為。そこは女子としてはっきり書けないので、映画を観るか想像して読んでください。

そのシーンに一体、どんな意味があるのでしょうか?とは思うんだけど、もしかしたら、その時代の貴族たちの自由奔放さを表現してみたのかしら?

他にも多々ぶち込まれるセクシーシーン(やんわり言えば)は、冒頭にも書いたように、帰宅後18禁?いやそこまで行かなくても15禁?と確認しちゃいましたからね。でも、違いました。

あ!そうか、15歳以下の子は、こうした映画には興味ないよね。

エマ・ストーンのセクシーシーンこそなかったものの、エマ・ストーン演じるアビゲイルは、実に巧妙に男心を利用して宮廷でのし上がっていきます。

サラが首にしたはずのアビゲイルが女王に仕えているので、サラが女王に理由を尋ねると「だってぇ~、アビゲイルは口でやってくれるんだもん♪」的なアンサー!

そこですかっ!王女っ!まあ、人間ってのは快楽に弱いですからね・・・と、おったまげることが多々ありましたが、それがどうやらヨルゴス・ランティモス監督の真骨頂らしいです。

口技まで使ってのし上がっているアビゲイルですが、ああ・・・やはり若いからそこまでか、と思っちゃうやらかしもあるし、見られてないと思ってやらかしたことが、実は女王は見ていた!ってのもあるけど、それは是非、映画の中で確かめてみてください。

誰も亡くならないし、誰も処刑されない。だけど、悲劇のオンナ3人の愛憎劇の中には、ちょいちょい挟みこまれた斜めな喜劇的部分も感じる作品でした。

衣装を間近で見られる衣装展!

映画衣装を語る上で、よく出てくるのが「中世ヨーロッパ衣装」、中世とは、東ローマ帝国滅亡(1453年)くらいまでと言われているので、この映画は18世紀後半が舞台だから、正確には近世ヨーロッパになります。

15世紀から18世紀くらいまでのヨーロッパを舞台にした映画は、女優の衣装も楽しみのひとつ!

この映画の衣装を手がけたのは『恋におちたシェイクスピア』『アビエイター』『ヴィクトリア女王 世紀の愛』3作品でアカデミー衣裳デザイン賞を受賞している「サンディ・パウエル」

当時の衣装を忠実に再現するとしたら、使う素材は概ねシルクだけど、サンディ・パウエルはデニム生地や革素材、アフリカ系プリント生地などを使用し、斬新だけど不自然ではない衣装を作り出したんですって。

きらびやかさより重厚感を表したモノトーン基調のドレスが多かった印象。衣装デザイナー「サンディ・パウエル」の素敵な衣装は、映画の公開を記念して衣装展がTOHOシネマズ六本木ヒルズで開かれていました。

上の画像は、その様子。TOHOシネマズ六本木ヒルズのHPからお借りしました。

アン女王(オリヴィア・コールマン)、アビゲイル(エマ・ストーン)、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が実際に『女王陛下のお気に入り』の撮影で着用した本物の舞台衣装を劇場のロビーにて2019年2月末まで展示してありました。

華麗すぎる!アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート&受賞歴代8作品まとめ!衣装が素敵な映画は、まさにこれ!洋画は衣装も鑑賞ポイント!と思っておりますので、私が好きな「アカデミー賞衣装デザイン賞」にノミネート、受賞した華麗なる作品をご紹介したいと思います。...

まとめ

好みが分かれる作品かな、とは思いましたが、とにかく演じたオリヴィア・コールマンが演じたアン女王の我儘っぷり、女王然とした姿が最高でした。

その存在感が悲しさや、哀れみや、ちょっとしたおかしさ、力強さなど、全部の感情を引きずり出された感じ。

色々なジャンルの作品を試してみる醍醐味をまた感じましたね。映画って、ホント楽しいです!

映画「女王陛下のお気に入り」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~女王陛下のお気に入り18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。...