Huluおすすめ海外ドラマ

Hulu配信海外ドラマ「ダメージ」シーズン2ネタバレ感想|恐ろしい隠蔽

huluで配信されている、2007年から2012年にシーズン5までアメリカで放送されたリーガル・サスペンス「ダメージ」が抜群に面白かったんです。

シーズン1は、富豪実業家のアーサー・フロビシャーが、会社の倒産直前に社員に自社株に投資をさせ、自分は持ち株をすべて売り払っていたという疑惑で、財産を失った元従業員たちから集団訴訟を起こされる事件でした。

シーズン2は、エネルギー会社アルティマ・ナショナル・リソース(UNR)が化学分析の結果を改ざんしたことにまつわる事件、それに携わった科学者ダニエルとパティとの関係などが軸になっています。

日本でも企業のデータ改ざんが明るみに出ると、大問題になりますよね。きっとこうした隠ぺい工作や、それにまつわる人間関係の軋轢、抗争、策略、取引なんかが実際にあるんだろうなぁと思って観ていると、非常に興味深い!

登場する女性陣がなかなかの策略家で、そこもまた面白さのポイントです。

あらすじや感想にはネタバレも含まれていますが、核心には触れず綴っています。

Hulu配信海外ドラマ「ダメージ」が面白い!シーズン1のざっくりあらすじ感想先が観たくて眠れないほどまったドラマが、huluで配信されている「ダメージ」少し古いドラマですが、huluは全ての作品が追加料金なしで観られるので、全5シリーズ、各シリーズ10~3話と長めですが、サスペンス系がお好きな方には激しくおすすめ!...


「ダメージ」シーズン2から出てくるキャスト

弁護士:クレア

マーシャ・ゲイ・ハーデン

画像引用元:IMDb

ダニエルの事件に絡む、業界第3位のエネルギー会社、アルティマ・ナショナル・リソース(UNR)の弁護士。ダニエルとは長年の愛人関係にあって、ダニエルからUNRの不正な株価操作のことを聞き、社長のウォルターに不信感を抱きクーデターを起こす。

科学者:ダニエル

ウィリアム・ハート

画像引用元:IMDb

妻の殺害容疑をかけられ、弁護をパティに依頼。ダニエルの妻の殺害については、ダニエルの会社ががUNR社の化学物質の分析を行ったことと関係している。

UNR社CEO:ウォルター

ジョン・ドーマン

画像引用元:IMDb

アルティマ・ナショナル・リソース社のCEO。独裁的で私利私欲にまみれた人物。悪いことを悪いと思わずに、ニヤリとやりのけちゃうような悪人(あくまで私の感想ですけど)

ドラマでちょいちょいお見掛けする俳優さんで、私が好きな「ゴッサム」にも出演していたようですが・・・なんの役柄だったか?までは覚えていません。悪しからず。

ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」のキャストを知るとダークナイトシリーズがもっと楽しめる人気のドラマシリーズ「GOTHAM/ゴッサム」は映画バットマンの「ダークナイト」シリーズとキャストがリンクしていて、後にバットマンになる「ブルース」、ゴードン刑事の若かりし頃、キャットウーマンになる「セリーヌ」などが登場。...

エレンと親しくなったウエス

ティモシー・オリファント

画像引用元:IMDb

エレンがセラピーで出会った男。妻を亡くしたというエレンとの共通点を抱えてセラピーに通っていたが、エレンにも言っていない秘密を抱えている。

優しくて逞しくて、だけど空気が読めるなかなかいい男なんですよ。

シーズン2 ざっくりあらすじ

パティは、パーティの席で久しぶりに科学者ダニエル夫妻に会ったが、その後ダニエルの妻が殺害され、夫のダニエルが容疑者となる。

パティは彼の弁護を買って出るが、ダニエルから、アルティマ・ナショナル・リソース(UNR)社の依頼で新開発の化合物の分析を行ったところ、猛毒性が検出されたにも関わらず、毒性なしと報告書を改ざんしたことを聞く。

パティは、UNR社の陰謀を暴こうと張り切るが、何故かダニエルは非協力的。

そこで、パティはTV番組でUNR社長ウォルターの不正を告発。これに腹を立てたウォルターは名誉毀損でパティを訴え、シーズン1ではパティの敵だった実業家フロビシャーがUNR社の大株主であることに目を付け、協力を依頼する。

一方、シーズン1ではパティの弁護士事務所を退職したかのようだったエレンが、パティ逮捕のためのFBI捜査に協力するということで、パティの事務所に復帰する。

そこでエレン協力の元、FBIのおとり捜査が行われようとするが、失敗に終わる。

そんな中、パティの右腕であるトムは、高級娼婦経由でUNR社の株価操作を担っていたトレーダーと接触。

UNR社の行方は?パティとエレンの関係は?

感想

正直に申しますと、少し前に観たドラマなので、詳細部分までは覚えていないのですが、とにかく個人的には抜群に面白い!と興奮したリーガルドラマでした。

シーズン5まであり、私はシーズン3が一番好きだったけど、どのシーズンも個性あふれるキャストと詳細に描かれている事件、それが解決するまでの複雑に絡む人間関係や裏取引、人の欲望などなど、興味深さ満載です。

関わる人が多くなればほころびも生じる

シーズン2で軸になるのが、UNR社の分析を行った科学者のダニエル。彼は、データ改ざんの真相を知っていて、世間を欺いていることに苦しみながらも、大企業の脅しに屈しなければならない事情もも抱えています。

本当はいい人なんだろうな・・と感じながらも、人は追いつめられると何をしでかすかわからないんだ、という側面も持っています。

そのUNR社の陰謀を暴こうとしているパティ。最初は、UNR社の弁護士クレアは、パティにとって戦う相手だったものの、クレアもUNR社の代表ウォルターの真相を知り、反旗を翻します。

オンナだからって軽く見るんじゃないぞ!と、クレアを応援したくなりますが、ウォルターの方が一枚上手なんですね。さすが悪党とでも言いましょうか。憎らしいんですよ。すごく。

UNR社は、データを改ざんしていただけにとどまらず、大物トレーダーの協力の元、自社株価格の操作までしているわけです。

だけど、関わる人が多くなればなるほど、秘密が漏れる危険度が増すってことを感じるのが、大物トレーダーのオンナ好きとドラッグ好きなところ。

彼がこっそりとUNR社の陰謀に関わっていただけならよかったのに、懇意にしている高級娼婦と車の中でドラッグやって盛り上がっちゃったからまずかった!

その高級娼婦がドラッグで捕まっちゃったことに端を発し、パティがUNR社の株価操作に気づくこときっかけになっちゃうわけで、やっぱり悪いことはできないよねぇー

どんだけ実績のあるトレーダーだろうと、公の場で羽目を外しちゃうような奴は、大物とは言い難い!と思うんですけど、どうかしら?

時系列が入れ替わるのも特徴

このドラマの大きな特徴は、時系列が入れ替わりながら進んでいくところ。

エレンが何者かに対して銃をぶっ放しているんだけど、それが誰に対して行われた行為なのかは、その時点ではわかっていません。

思わせぶりな映像を流しておきながら、次のシーンはその場面の過去に移っている。

だからこそ、え?誰?殺されちゃった??と、敵の策略にまんまとはまっている自分を感じながらも、続きを見たくなっちゃうんですね。

どうもいけ好かないエレン

パティはダニエルの妻が亡くなったことで、エレンがFBIと協力して種を巻いた囮案件に対してトムを担当にすると言い出し、誤算が生じます。

画像引用元:IMDb

エレンはFBIに協力しているだけだし、特に悪者なわけじゃないんだけど、なんていうんですかねぇ、どーも好きになれない、いやもっと言うといけ好かないオンナなんですよね。

何故だろう?

エレンは、婚約者だったデービッド殺害にシーズン1に登場した実業家のフロビシャーが関わっていることを知り、元従業員から撃たれて入院中のフロビシャーを見舞って仇討ちをしようとするものの、結局できずに帰ってきます。

でもねー、それでもいけ好かない感がなくならない。なんとなく、自分以外の人をどこかで見下しているように私は感じちゃうんですね。思い過ごしかしら?

そのエレンは、デービッドが亡くなったことで心に傷を受け、セラピーに通っています。そこで知り合ったウエスといい関係になっていきます。

ところが!ウエスも何かを抱えている。そして、最後の方ではエレン殺害命令を下されちゃうんです。さて、それは何故か?

そこまで言っちゃうと、面白くなくなっちゃうので、是非観てください!面白いから!

悪徳企業UNR社はどうなる?

UNR社は、環境破壊等で3年間に200件以上もの訴訟を起こされているにも関わらず、大きな敗訴がないだけでなく、性懲りもなく新製品のデータまで改ざんして発表しているという根っからの悪徳企業。

それが、エネルギー界で3位の企業って、ドラマだと思いながら観ていても、欲にまみれた経営に対して無性に腹が立ってきます。

でもね、パティがそんな企業を許すはずはなく、紆余曲折はあるものの、最後はギャフンと言わされるわけですよ。それが気持ちよくて、ついつい観ちゃうんでしょうかねぇ。

まとめ

パティは、独裁的だし、感情的だし、支配的だし、気難しいし、自分が勝つことしか考えていないのに、憎めない。どうしてでしょうか?

多分、男性目線だと大いに違う感想があるかもしれませんけどね。

孤独を好きか嫌いかはわからないけど、パティのそんな性格ややり方のせいで彼女はプライベートでも孤独なんですね。

再婚した夫とは、表面的にはいい関係のようにも見えるけど、夫からの愛情はあまり感じられないし、溺愛している息子マイケルも母親には反抗的。

シーズンが進むと、この息子マイケルが結構なことをしでかしてくれるんです。それに対する母パティの仕打ちもすごい!そこがまた、ストーリーを盛り上げてくれたりもしますけどね。

シーズン3では、マイケルの本当の父親がわかります。これが、かなり意外な結びつき。

意外性とストーリーの緻密さと、人間関係の複雑な絡み、そんなこんなが面白くてたまらない大人のリーガルドラマって感じですかしらね。

Hulu配信海外ドラマ「ダメージ」が面白い!シーズン1のざっくりあらすじ感想先が観たくて眠れないほどまったドラマが、huluで配信されている「ダメージ」少し古いドラマですが、huluは全ての作品が追加料金なしで観られるので、全5シリーズ、各シリーズ10~3話と長めですが、サスペンス系がお好きな方には激しくおすすめ!...