洋画

映画「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」ネタバレ感想

ジョニーデップがルイ15世を演じ、全編フランス語で臨んだことで話題になった映画「ジャンヌ・デュ・バリー国王最後の愛人」を鑑賞してきました。

歴史には興味はないけど、この時代のフランスを題材にした映画は大好物。

何より華やかなのが、見ていて楽しいですから。

ポンパドール夫人亡き後、遊び人ルイ15世の最後の愛人となったジャンヌ・デュ・バリー夫人の生涯を描いた作品。

実に興味深かったです。

感想にはネタバレも含まれますことをご了承くださいませね。

作品概略

原題:Jeanne du Barry
製作年:2023年
製作国:フランス
キャスト:ジョニー・デップ、マイウェン
監督:マイウェン
脚本:マイウェン、テディ・ルシ=モデステ、ニコラ・リベッチ 

ジャンヌ・デュ・バリーを演じたフランス人のマイウェンが、監督・脚本も務めた作品。

シャネルがこの作品のためにデザインした衣装を提供し、ベルサイユ宮殿にて大規模撮影が行われたそうです。

これだけでも必見の作品ですよねー。

キャスト

ルイ15世を演じていたのは、ジョニー・デップ。

ジャンヌ・デュ・バリーを演じたマイウェンは、1976年4月17日生まれでアルジェリアの市民権も持つフランス人。

でね、王太子であるルイ16世を演じていたのが、マイウェンの息子のディエゴ・ルファー。

彼がものすごい長身の美男子。2004年生まれだということなので、今年20歳。なんと、プロテニスプレイヤーとしても活躍しつつこの美形。

不動産開発業者である元夫ジャン・イヴ・ル・フールとの間に、2004年ディエゴが誕生。

ざっくりあらすじ

ルイ16世の最後の公妾ジャンヌ・デュ・バリーは、修道士の父と料理女の母の元に生まれた平民。

その娘がどのようにして国王の愛人になったのか?

そして、どんな生涯を送ったのか?を描いた作品。

ネタバレ感想

感想には、ネタバレも含まれますことをご了承くださいね。

ジャンヌ、デュ・バリー夫人になる

歴史には全く興味がなかったけど、映画となるとまた話は別。

18世紀の華やかなフランス王朝の話しは、とにかく宮廷も衣装も何もかもが華やかでワクワクしますからね。

2007年に日本で公開された「マリー・アントワネット」も大好きでした。

ベルサイユ宮殿での撮影もあったとのことで、衣装もさることながら、宮廷のインテリアや調度品が見事です。

ジョニー・デップが演じたルイ15世は、フランス国王史上一の美男子にして問題児だったんですって。

でね、どうやら宮廷に参上するには、貴族でないといけないらしい。

それで、ジャンヌは囲われていたデュ・バリーと結婚して、デュ・バリー公爵夫人となり、正式に宮廷へ上がることが許されるわけ。

作品の中では囲われていたデュ・バリーと結婚していたけど、実際にはデュ・バリーの弟と籍を入れたらしい。

一方、ルイ15世は公妾だったポンパドゥール夫人を亡くしていたため、ジャンヌを見初めて愛人にするわけ。

そしたら、デュ・バリーはどうなっちゃうの?妻を取られたことになるわけでしょ?それでいいのかぁ?

貴族の生活、ルール、わからんわぁ。

ルイ15世の娘たち

ルイ15世には娘が3人いて、彼女たちはジャンヌの存在を疎ましく思っているわけ。

そりゃあお気持ちお察しします。

パパのところに、元娼婦が入り浸って、四六時中仲良く過ごしていたら、そりゃあ娘としては少々気色悪く思うって。

でも、パパは意に介さない。

そして、ジャンヌはいろんな場面でいじめられたりするんだけど、多少のことじゃひるまない。

だから余計疎まれる、そのスパイラル。

昔っから、出る杭は打たれていた、ってことですかね。

この様子を見ていて、シンデレラを思い出しました。美貌はねたまれる格好のえさになりますから。

マリ・アントワネット登場

王太子の結婚が決まり、オーストリアからマリー・アントワネットが嫁いできます。

マリー・アントワネットもアンチジャンヌ。ルイ15世の娘たちと一緒になって、ジャンヌいびりをしまくる。

そりゃあね、ジャンヌよりマリーの方が立場が上だから、ジャンヌも何も言えないわけ。

そんなマリーに無言の圧力をかけるのがルイ15世であり、それとなく擁護するのが王太子。

何故か、ジャンヌは男の味方が多い。そーゆー女性って、いますよね。特別美人じゃないけど、男受けがよろしいってんですか?

理由はわかりませんけど。

大奥とかぶるよな

民法ドラマで大奥が放送されていますよね。

フランスのルイ15世、16世の時代は、日本の江戸時代。日本もフランスも似たり寄ったりじゃん。と思ったのが、公妾と側室という制度。

制度って言っていいのか?

公妾ってのは、正式な妻ではないけど国王との関係を公にしていい愛人のことで、側室は公に認められた妾にあたる女性。同じじゃん!でしょー。

今ならセクハラ?モラハラ?いや、どっちにしてもNGです。

ルイ15世の最後

ルイ15世が病の床に伏したとき、今までの悪行を懺悔すると言います。

それは、愛人を囲って周りを混乱に陥れたことも含めていたようで、枕元にジャンヌを呼び「出て行ってくれ」と言うんですよ。

生きているうちに罪を悔い改めないと、地獄に落ちるからと。

へーーーーーーっ!好き勝手にやってきても、地獄は怖いんですかね。

地獄に行きたくないから、ジャンヌを出て行かせたのでしょうか。いや、多分最後の最後は、娘たちに静かに弔ってほしかったのかな。

と思いたい。

ジャンヌもその言葉に従います。

それでも、出発の用意が整い、馬車に乗る寸前にもう1度ルイ15世に会いに来ます。

ずーずーしい!と憤る周りを「入れてやれ」と一言発したのが王太子。かっこいいです。

ルイ15世は天然痘だったのに、ほほを寄せて別れを告げるんですね。病気、移っちゃうんじゃないの?と心配になりましたけどね。

ジャンヌは、ヴェルサイユでも奔放に自由に生きてきたけど、ルイ15世への愛は本物だったんだな、と感じた瞬間でした。

感想まとめ

ジャンヌが娼婦だった頃、「生まれが貧しい女性は母のように料理女になるか、娼婦になるか、どちらかしかない。」と言っていたのが印象的。

多分、江戸時代も似たようなものだったのかな?と。

見た目が麗しく、またそれを磨くことを愚かにせず、教養も身につけ、オンナを武器として使う術に長けていたら、娼婦になっても成功をつかみ取れたのでしょうか。

何にせよ、人より抜きんでるってことは、並大抵の努力じゃ無理で、しかも運も味方につけなくちゃですよね。

ルイ15世は天然痘で亡くなり、その後ヴェルサイユを去ったジャンヌでしたが、1793年にギロチン台に送られてしまいます。

大事件があるわけでもないし、静かに進んでいくストーリーでしたが、最後まで飽きることなく見続けられた作品でした。

ゴージャスな宮殿や衣装、きらびやかな映像も大いに楽しめます。

ディズニー+配信の韓国ドラマ「財閥×刑事」が面白い!感想を口コミ前のページ

通販サイト「GRADDグラッド」で購入したもの&おススメ利用法を口コミ次のページ

関連記事

  1. 洋画

    未公開映画「レベル16 服従の少女たち」ネタバレあらすじ|少女たちの存在理由は?

    日本では劇場未公開のカナダ製作映画「レベル16 服従の少女たち」を鑑賞…

  2. 洋画

    映画「THE INFORMER/3秒間の死角」ネタバレ感想|イケメン見たさに行ってみた

    動機が不純ですけどね、映画「THE INFORMER/3秒間の死角」の…

  3. 洋画

    日本未公開おすすめ映画「ベイウォッチ」/陽気な筋肉救命隊キャストのネタバレ解説&感想

    いい時代になりましたよねぇ。日本で未公開の映画を探す楽しみを味わって、…

  4. Netflixオリジナル

    映画「フィールザビート」ネタバレ感想|高慢なクズはビートを感じるいいヤツだった

    ダンスや音楽が大好きなので、Netflixオリジナル映画の「フィール・…

  5. Netflixオリジナル

    Netflixおすすめオリジナル映画「Closeクロース:孤独のボディーガード」ネタバレなしの感想

    Netflixを契約してから、テレビを観なくなりましたね。それほど、映…

  6. 洋画

    映画「コレット」は1900年初頭の衣装も見どころ!ネタバレあらすじ&感想

    今回もミニシアターで、キーラ・ナイトレイ主演の「コレット」を鑑賞してき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ピックアップ

  1. 洋画

    未公開映画「ザ・キッチン」ネタバレ感想|女は黙って従っていると思っていた男への復…
  2. 洋画

    「ドラゴンタトゥーの女」はルーニー・マーラが最高!スウェーデン版「ミレニアム」も…
  3. 洋画

    映画「THE INFORMER/3秒間の死角」ネタバレ感想|イケメン見たさに行っ…
  4. 洋画

    映画「ビューティフルボーイ」あらすじ&ネタバレ感想|薬物依存の恐ろしさが迫ってく…
  5. 洋画

    映画「コレット」は1900年初頭の衣装も見どころ!ネタバレあらすじ&感想
PAGE TOP