60代ファッション

出張買取に着物と毛皮を買い取ってもらった現実を口コミ

歳を取るといらないもの、使わないものが増えてくる。

若いころは欲しかったものにも、興味がなくなったりする。

着物好きだった母の大量の着物や、バブルの頃に買ってもらった毛皮がクローゼットに眠ったまま。

よし!これを処分しよう!と思い立ち、出張買取業者に連絡をしてみました。

まずは、テレビで見たことがある「福ちゃん」に着物。次にネットで調べた「ザ・ゴールド」に毛皮を買い取ってもらいました。

驚愕の現実の値段と感想を口コミします。

出張買取に着物と毛皮を買い取ってもらった

まずは着物から。実家に行って、大量の着物を自宅に移動。

帯や浴衣、着物用のコート、長襦袢、祖父が着ていた男性用の着物もありました。

福ちゃんに連絡をしたのは、テレビで中尾彬夫妻のCMを目にしていたから。それだけの理由です。

自宅に来てくれたのは、20代の男性社員の方でした。

とても丁寧な対応で感じよかったです。

その時に、毛皮も出してみたんだけど、夏だったこともありミンクのロングコートでも1,000円にはならないかも、と言われ引っ込めました。

で、やむなく引っ込めたミンクのコートでしたが、やっぱり着ないしクローゼットの中で幅を取るので邪魔。

寒い季節になったので、ここらで再挑戦!と、次はネットで「毛皮買取」で検索して、選んだのが「ザ・ゴールド」

「バイセル」にも買取希望メールを送ってみましたが、「できれば返信は電話でなくメールでお願いしたい」と書き添えたところ返信はなし。

というわけで、毛皮はザ・ゴールドに査定してもらいました。

今回も、20代の男性社員。同じように丁寧な対応で感じよかったので、そこはどちらもしっかりしている印象でした。

現実を口コミ

着物

写真を撮ってなかったのですが、多分全部合わせて50点くらいはあったと思います。

買い取ってもらえるのは、浴衣も含め着物と帯だけ。

着物用のコート「道行」や羽織、長襦袢は買い取り対象外だそうです。

買取金額が総額で10数万円になりました!的なネット広告も見かけたことがあったけど、現実は非常に厳しい。

50点ほどの中から、確か30数点を引き取ってもらって11,000円ほどでした。

それほど高価な着物はなかったものの、加賀友禅や絞りもあったけど、1枚につき300円ちょっとという計算。

がっかりしたけど、持っていても使わないので買い取ってもらいました。

引き取られた着物や帯は、京都などで貸衣装として使われるそうです。

使ってくれる先があるなら、着物たちも浮かばれますものね。

毛皮

福ちゃんに来てもらったときは、先にも書いたように夏だったため、需要がないから安くなると言われたので、12月にザ・ゴールドで再挑戦。

それがこのミンク。

毛皮買取

黒はSAGAミンクのロング、紫はハーフです。

特に傷もないし、綺麗なままで保管してありましたが、ロングが6,000円。ハーフが4,000円でした。

毛皮はオークションにかけられ、多くが中国人バイヤーに買い取られるそうです。

他にフォックスやムートンもありましたが、値段が付いたのはこの2点だけ。

後日、ムートンはBookoffに持って行ったところ、3,000円で引き取ってもらえたんですね。

ミンクとムートンは、数倍の値段の違いがあったのに、1,000円差ってのは・・・ちょっと寂しいですけどね。

営業さん曰く「需要があれば値段が付くけど、毛皮は年々需要がなくなっているから、今後もっと値段が付きにくくなる」とのこと。

セーブルやチンチラで、やっと10,000円ほどの価格がつく程度らしいです。

だから、今手放そうか迷っている人がいたら、早い方がいいかも、と思います。

断ることも戻してもらうことも可能

買い取ってもらったけど、やっぱり手元に置いておきたい、と思った場合、どちらの業者もクーリングオフ制度が導入されているので、1週間以内に連絡すれば戻してもらうことも可能です。

他にも、ゴールドなのかメッキなのかわからなくなったアクセサリーを鑑定してもらうこともできます。

鑑定の結果、手放すか手元に置いておくかは、こちらの判断ですし、全然強制はされません。

世間話をしている中で、穏やかに商談できます。

ザ・ゴールドの営業さんに着物が1点300円程度だった話をすると、それくらいが相場だと言われたので、どこの業者でもあまり変わらないのだろうと思いました。

まとめ

私は、いろんな業者に査定をしてもらい、価格を比べて判断するのが面倒だったので1社で決めました。

着物のときは、使っていない時計。毛皮の時は、小さなゴールドのアクセサリーを一緒に買い取ってもらいました。

一番高かったのは、ロレックスの時計。今は、ゴールドが高値なので、使っていないアクセサリーも手放し時だと思います。

歳を取ると、高価なものを持っている意味がなくなってくるし、荷物は少ない方がいいと感じるようになっています。

服は、いずれゴミになります。

服は、自己表現。だからこそ、個性に合ったものが欲しい。でも、数はいらないし、なるべく長く大切に着ようと思いました。

ずいぶん前に、1年間服を買わないでみようと挑戦したことがあるんですね。

無事、1年間やり遂げましたが、特に不便はなかった。

少しクローゼットが空いたので、あまり増やさないよう努力してみようと思っています。

出張買取を検討している方の参考になれば、嬉しいです。

Netflix「終わらない週末」不気味で目が離せない!ネタバレ感想前のページ

ジェルネイルキットを購入してセルフに挑戦してみたら意外と簡単だった次のページ

関連記事

  1. 60代ファッション

    ジェルネイルキットを購入してセルフに挑戦してみたら意外と簡単だった

    以前は、サンダルを履く季節だけネイルサロンでジェルネイルをしていたけど…

  2. 60代ファッション

    サステナブルシューズ「VEJA」スニーカーのサイズ感と履き心地を口コミ

    歳を重ねるにつれ関心が高まっているのが、サステナブルやSDGS。だから…

  3. 60代ファッション

    ばば臭いのはイヤ!60代女性おしゃれスニーカー選びのポイント

    世間的には完全にばーさんな年齢。でも、やっぱりばーさんな見かけに陥りた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ピックアップ

  1. Netflixオリジナル

    Netflixドラマ「ボクらを見る目」1・2話あらすじネタバレ|逮捕起訴された5…
  2. 海外ドラマ

    Netflixドラマ「ボクらを見る目」3・4話|出所後の現実と真実をネタバレあら…
  3. 海外ドラマ

    「予期せぬ相続者」今後の展開に目が離せない!復讐か?野心か?ネタバレ感想
  4. Netflixオリジナル

    Netflix映画「Let’sダンス」ネタバレ感想|イケメンが躍ると…
  5. Netflixオリジナル

    Netflix「セリングサンセット」/顧客との会話も実話?と思ったポイントとキャ…
PAGE TOP