映画情報

映画「若草物語」エマ・ワトソンとティモシー・シャラメでリメイク!キャストと簡単なあらすじをご紹介

読書好きな少女時代を過ごした方なら、一度は手にしたことがある小説が「若草物語」ではないでしょうか?

1869年に発表された小説「若草物語」は、1917年に初めてイギリスで映画化され、その後度々リメイクされています。

そしてまた、エマ・ワトソンとティモシー・シャラメでリメイクされた新・若草物語が、日本での公開日はまだ未定ですが、アメリカやヨーロッパ各地で2019年12月25日クリスマスに公開予定となっています。

そこで、2019年版新・若草物語のキャストを調べてみたところ、とっても豪華!キャストを知ると、映画を観たくなってきます。

それでは、その豪華なキャストと、少女時代に読んで、忘却の彼方へ消えてしまった「あらすじ」を簡単にご紹介したいと思います。


エマ・ワトソンとティモシー・シャラメ出演の映画「若草物語」概略

ルイーザ・メイ・オルコットの小説『若草物語』を1933年に初めてモノクロで映画化され、1949年に初のカラー映画としてリメイクされた作品。

今回、マーチ家の長女メグをエマ・ワトソン、マーチ家の隣人で裕福なローレンス家の息子セオドア・ローレンスをティモシー・シャラメが演じます。

映画2019年版「若草物語」キャスト

左からメグ・エイミー・ジョー・ベス。

マーチ家の長女メグは、映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役として知られたエマ・ワトソン

マーチ家の二女ジョーは、「二人の女王」でメアリーを演じたシアーシャ・ローナン

映画「ふたりの女王メアリーとエリザベス」ネタバレ感想!生き様は違えど苦悩は一緒近世~中世の衣装が大好きな私としては、待ってました!な映画が「ふたりの女王メアリーとエリザベス」 二人の女王を取り上げてはいたけど...

マーチ家の三女ベスは、1999年1月6日生まれ、 オーストラリア出身のエリザ・スキャンレン

マーチ家の四女エイミーは、1996年1月3日生まれ、イギリス出身のフローレンス・ピュー

「トレイン・ミッション」に出演した他、2019年11月に公開される「ファイティング・ファミリー」では主役のペイジを演じています。

映画「トレイン・ミッション」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~ 原題:The Commuter 製作年:2018年 製作国:アメリカ・イギリス合作 日本劇場公開日:2018年3月30日 ...
実話を基にした映画「ファイティング・ファミリー」のモデルになった実際の家族の素顔は?実話を基にした映画の場合、モデルになった人やら、その後どうなったのか?などなど、予備知識を入れ込んで映画を観たくなりませんこと?そんな好奇心がありまして、「ファイティング・ファミリー」という映画のモデルになった実際の家族の素顔に迫ってみました。...

裕福なローレンス家のひとり息子セオドア・ローレンスを演じるのは、「君の名で僕を呼んで」「ビューティフルボーイ」「ホット・サマー・ナイツ」と立て続けに映画出演を果たし、話題になっている美青年ティモシー・シャラメ

ハリウッドで注目「ティモシー・シャラメ」はファッションも話題!過去作品や新作映画は?レオナルド・ディカプリオの再来とハリウッドでささやかれている、今注目の俳優「ティモシー・シャラメ」ファッションや過去の話題作、今後公開される最新作に付いて、ご紹介しちゃいますね。...
映画「ビューティフルボーイ」あらすじ&ネタバレ感想|薬物依存の恐ろしさが迫ってくる実話を基にした映画「ビューティフル・ボーイ」観てきました。彗星のことく現われ、瞬く間に人気になったティモシー・シャラメは、クルクルの巻き毛がキュートで確かに美しかったです。薬物の恐ろしさが迫ってくる、ビューティフル・ボーイのネタバレ感想、GO!...

マーチ伯母さんを演じるのは、数々の作品に出演している大女優メリル・ストリープ

「ペンタゴンペーパーズ」機密文書は女性経営者に委ねられた!あらすじとキャストペンタゴンペーパーズという機密文書が主役とも言える、実話を元にした話ではあるけど、メリル・ストリープ演じる女性初トップへの偏見と戦う姿や苦悩も描いてるところも見どころ。それは、本作品の脚本家が女性リズ・ハンナによるものだということと関係しているのかもしれません。...
映画「プラダを着た悪魔」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~ 原題:The Devil Wears Prada 製作年:2006年 製作国:アメリカ 日本劇場公開日:2006年11月1...

4姉妹の母親マーチ夫人は、「スノー・ロワイヤル」で除雪作業員をしているネルズ・コックスマンの妻グレースを演じていたローラ・ダーン

映画「スノー・ロワイヤル」ネタバレあらすじ|思わず失笑してしまう復讐劇だった!映画「スノー・ロワイヤル」を鑑賞してきました。クライムサスペンス映画かと思いきや!いや、そうなんだろうけど、おかしいんです。決してゲラゲラ笑っちゃうコメディではないんだけど、フッと失笑してしまったり、皮肉にニヤリをしちゃう映画でした。...

こりゃあ、キャストを見ただけで映画を観たくなる配役です。

三女役のエリザ・スキャンレンより、四女役のフローレンス・ピューの方が実年齢は年上。それを知っていると、更に二人の演技が楽しめるかも。

映画「若草物語」簡単にあらすじをおさらい

1868年にアメリカの小説家「ルイーザ・メイ・オルコット」が、自身の少女時代を基に書かれた小説。

時は南北戦争時代、家庭教師としてマーチ家の生計を助けているメグ。

父方の伯母である裕福なマーチおばさんのお相手をする事でマーチ家の生計を助けているボーイッシュなジョー。

音楽が好きで、それが縁となりセオドア・ローレンスの祖父と友情が芽生えた内気で病弱なベス。

生意気盛りな年ごろで美術の才能に恵まれているエイミー。

それぞれ個性を持った四姉妹が、北軍の従軍牧師として出征した父親不在の中、母と共に助け合って試練を乗り越え、成長していく姿を描いている物語。

続篇として「続 若草物語」「第三若草物語」「第四若草物語」があり、姉妹が成人し結婚した後の生活が描かれています。

マーチ家の隣人で、ジョーと同じ年のセオドア・ローレンスは、長女メグの友人サリーの屋敷で開かれた舞踏会で、手持ち無沙汰にしていたジョーと出会ったことがきっかけで意気投合し、以後マーチ家の人々と親しく交流していきます。

映画「若草物語」の歴史

  • 1917年

アレクサンダー・バトラー監督による、イギリスでのモノクロ映画

  • 1918年

ハーリー・ノールズ監督による、アメリカでのモノクロ映画

  • 1933年

ジョージ・キューカー監督作品のアメリカ映画で、次女のジョーをキャサリン・ヘプバーンが演じています。第6回アカデミー賞脚色賞を受賞。

  • 1949年

マーヴィン・ルロイ監督作品としてアメリカで、1933年に続き初のカラー版でリメイク。末っ子のエイミーをエリザベス・テイラーが演じています。

  • 1964年

森永健次郎監督により、日本でも映画化され、日活が配給。吉永小百合・浅丘ルリ子らが出演。

  • 1994年

ジリアン・アームストロング監督作品のアメリカ映画。次女のジョーをウィノナ・ライダーが演じています。

そして、25年ぶりにアメリカでリメイクされるのが、今作となります。

映画2019年版「若草物語」のまとめ

まだ日本での公開日は未定ですが、わかり次第、追記いたしますね。

小説発表から150年を経た作品であるにも関わらず、色あせることなくリメイクされるってすごいです。

時代は、「風と共に去りぬ」と同じ南北戦争の頃。スカーレット・オハラと同じ時代を生きていた少女たちの話しです。

きっと当時のファッションも楽しめる映画になっているはず。

個人的には、その時代の青年を演じるティモシー・シャラメの美しさにも期待!ってとこですかしらん。

楽しみです。

画像引用元は全てIMDbです