【洋画】VOD動画配信サイト一覧

映画「ある少年の告白」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~

原題:Boy Erased
製作年:2018年
製作国:アメリカ(PG12)
日本劇場公開日:2019年4月19日
上映時間:115分

主要キャスト:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ
監督:ジョエル・エドガートン
脚本:ジョエル・エドガートン
映画の基になった自叙伝:Boy Erased:A Memoir
製作:ケリー・コハンスキー=ロバーツ、スティーブ・ゴリン、ジョエル・エドガートン


動画配信サイト一覧

×
×
×
×

サイトによって入会していても新作や人気作には、追加料金が加算される場合があります。

予告なく配信を終了することもありますので、その点はご了承くださいませね。

作品の概略

俳優ジョエル・エドガートンが「ザ・ギフト」に続いて手がけた監督第2作で、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」などの若手実力派俳優ルーカス・ヘッジズを主演に迎え、2016年に発表され全米で大きな反響を呼んだ実話をもとに描いた人間ドラマ。

アメリカの田舎町で暮らす大学生のジャレッドは、牧師の父と母のひとり息子として何不自由なく育ってきた。そんなある日、彼はある出来事をきっかけに、自分は男性のことが好きだと気づく。

両親は息子の告白を受け止めきれず、同性愛を「治す」という転向療法への参加を勧めるが、ジャレッドがそこで目にした口外禁止のプログラム内容は驚くべきものだった。

自身を偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じた彼は、ある行動を起こす。

「ある少年の告白」映画.comより

脚本・監督を務めた俳優のジョエル・エドガートンは、今作の中で矯正施設の指導者ヴィクターを演じています。

映画「ある少年の告白」あらすじネタバレ&感想|性的指向は矯正治療で治すものなの?性的指向やジェンダー・アイデンティティの変更を目的とした「矯正治療(コンバージョン・セラピー)」での回顧録が基になった映画「ある少年の告白」を観てきました。もっと早く観ればよかった、と思ったほどいい映画でした。...