アメリカ

海外ドラマ「スーツ」のガブリエル・マクト演じるハーヴィーのしびれるスーツ姿

織田裕二さん主演ドラマ「スーツ」が放送されましたが、本家海外版ドラマ「スーツ」は更に激しくおススメ。

織田裕二さんが演じていた敏腕弁護士「甲斐」は、本家ドラマではガブリエル・マクト演じる「ハーヴィー・スペクター」

織田裕二さんのスーツ姿もカッコよかったけど、ハーヴィー・スペクターが、いつでもびしっと高級スーツを着ている姿はホント!しびれます。

今夜もハーヴィーに会おう!的な気持ちで、スイッチオン!若い頃は、触れない男には興味ない、と思っていたのに、今は触れる男に興味ない!って感じかしらん。

今更だけど海外ドラマ「スーツ」は面白い


画像引用元:海外版スーツ オフィシャルサイト

イギリス王室に嫁いだメーガン妃もパラリーガルとして出演していた作品。ちなみに、パラリーガルとは「専門的な知識と経験を持って、弁護士の業務を補佐する現場アシスタント」のこと。

リメイクの日本版同様、本家の登場人物もみんな個性的なキャラクター。その設定が興味深くて、いちいち人物に入れ込んじゃう。日本版との比較もできて面白いです。

弁護士事務所がものすごくゴージャスで、シニアパートナーと言われる地位の弁護士は、それぞれ個室が与えられていて、その個室が小さな事務所ほどあるってーとこが、さすがアメリカ。

いつも強気で多少荒っぽいこともやらかしながらクライアントには勝利をもたらすハーヴィーの元に、ロースクールは出ていないけど天才的な記憶力を持つマイク・ロスがアシスタントとして入所してきたことから物語が始まります。

ここは日本版も同じよね。

偽弁護士として活動しちゃうマイクと、それを知っていながら使っているハーヴィーは、もうその時点で犯罪者。最初はふたりの秘密だったのが、少しずつ周りの人も知ることになり、それが次々と問題を起こしてしまいます。

というシリーズ全作を通してのストーリーと、弁護士として問題を解決していく過程、様々な人と絡み合う感情やら恋愛やら、もうホントに盛りだくさんで人の名前を覚えることなんて放棄しちゃったけど、その複雑なあれやこれやに目が離せないわけ。

日本版は本家の抜粋だったので、あの話はこれだな、など、照らし合わせつつ見られるのも面白いところです。

ガブリエル・マクト

 

View this post on Instagram

 

10 days away from going back to this guy…#dayjob #suits #S8 photocred @halfadams going to miss my ‘bro’mance

Gabriel Machtさん(@iamgabrielmacht)がシェアした投稿 –

出身地:NYブロンクス
生年月日:1972年1月22日
家族:妻と娘
身長:184cm

長身だし何を着てもかっこいっか。ちなみに、父親も俳優でスーツでは「ハーバード大学ロースクールのジェラード教授役」としてゲスト出演し、共演を果たしています。

8歳のときに初めて出演した映画「Why Wol I I Lie?」で最優秀若手俳優賞にノミネート。

それ以降、演技は休養し、高校卒業後はピッツバーグのカーネギーメロン演劇学校で演劇を学び、ブロードウエイやサンフランシスコの劇場で活動を続けています。

2006年には、「グッド・シェパード」でマット・デイモン、ロバート・デ・ニーロ、アンジェリーナ・ジョリーと共演。

余談ですが、グッド・シェパードではロバート・デ・ニーロが監督も務めていて、主役のエドワード・ウィルソン役はレオナルド・ディカプリオにオファーしたけど、「ディパーテッド」の撮影予定がすでに入っていたため、マット・デイモンに決まったのだそうです。

こうした映画の裏話って、とっても楽しいと思いません??

日本では2009年に公開された”バットマン:ダークナイト・リターンズ” の原作者:フランク・ミラー監督作品「ザ・スピリット」に、セントラルシティの守護者として蘇り街の悪と戦い続けていた“スピリット”役として主演を務めている。

ドラマの「セックスアンドザシティ」や「スピンシティ」にゲスト出演も果たしていますが、スーツがスタートしてからは、ほぼ他のドラマや映画は出演していないようです。

2011年から現在に至るまで続いているわけだから、そりゃあ無理もないですかね。ものすっごいはまり役だと思いますもん。

ハーヴィ・スペクターのスーツ姿にぞっこん!


画像引用元:海外版スーツ オフィシャルサイト

ストーリーが展開していくと、キャストもどんどん変わっていくし、法律事務所の名前も変わりますが、シーズン1スタート時は「ピアソンハードマン法律事務所」で働く6人が主要キャスト。

その中の敏腕弁護士がハーヴィーです。

個人的には主役の「ハーヴィ・スペクター」のスーツ姿にぞっこんでして、そこをどーしてもご紹介したい!と思った次第でございます。


画像引用元:海外版スーツ オフィシャルサイト

ハーヴェー・スペクターのファッションは、トム・フォードのオーダーメイドスーツにブリオーニやカナーリのワイドスプレッドシャツ。

ワイドスプレッドシャツとは?

レギュラーカラーのシャツよりも襟羽の開きが広いシャツのこと。

レギュラーカラーの開きが70度から90度なのに対し、ワイドスプレッドカラーは100度から140度ほどだそうです。

びしっと体に合ったサイズ、いかにも上質とわかる素材と仕立て。スーツに合わせたネクタイとシャツが派手すぎず、できるオトコって感じの絶妙なセレクト。

とにかくかっこいいったらない。仕上げは、やっぱり姿勢ね。上等なスーツを生かすも殺すも中に隠れている肉体の鍛え具合と姿勢のよさで決まるということが、ハーヴィーの着こなしでよくわかります。

美しい姿勢と肉体は、どんな服も引き立てるのは男女問わずってことですね。

日本のドラマとは規模や予算のかけ方が違うので、ハーヴィーが務めている弁護士事務所のオフィスだってものすごく豪華で、人物や物語だけでなくインテリアや日本とのオフィスの違いも楽しめます。

シーズン7まで動画配信サイトで視聴可

2011年にアメリカでスタートし、2019年秋にはシーズン9が放送されています。

日本では、U-NEXThuluNetflixでシーズン1~7まで視聴可。

ひとつのシーズンに13話から16話ほどあるので、登場人物の成長を感じて喜んだり、逆境に陥ったときは、画面を前に応援したりと前向きに長く楽しめるドラマです。

夢中になって寝るのを忘れないように。

海外ドラマ「スーツ」シーズン7スタート!まずはシーズン6振り返りとキャストのご紹介待ってました!海外ドラマ「スーツ」シーズン7を首を長くして待っていましたとも。私個人の海外ドラマベスト3を上げるとしたら、「スーツ」は間違いなく入賞です。久々のハーヴィーは、オープンのフェラーリマニュアル車で登場。痺れます。...