サスペンス

ジェイソン・ステイサム最新映画はガイ・リッチー監督と「ブルー・レクイエム」をリメイク

ジェイソン・ステイサムファンとしては、新作映画のニュースが出るのは非常に嬉しい。

その最新作は、フランスで2003年に制作された「ブルー・レクイエム」をガイ・リッチー監督がリメイクする作品。

ジェイソン・ステイサムにとって、ガイ・リッチー監督作品への出演は4作目。

ブルー・レクイエムは「現金輸送車の襲撃事件に巻き込まれて全てを失った男の復讐」というサスペンスアクションで、ジェイソンさんにぴったりな内容です。

そんな内容の作品をどんなふうにガイ・リッチーワールド監督が味付けしてくれるのか楽しみです。

フランス映画「ブルー・レクイエム」ってどんな映画?

原題:Le Convoyeur
製作年:2003年
日本公開日:2005年5月14日
製作国:フランス
キャスト:アルベール・デュポンテル、ジャン・デュジャルダン
監督:ニコラ・ブークリエフ
脚本:ニコラ・ブークリエフ エリック・ベナール

あらすじ

度重なる襲撃事件によって買収寸前にまで追い込まれている現金輸送会社ヴィジラントに、新しい警備員としてアレックス(アルベール・デュポンテル)という中年男がやってきた。

地味で無口な男だが、彼が寝泊りしているホテルの一室は、現金輸送車襲撃事件に関する記事のスクラップや、ヴィジラントの警備員たちの似顔絵や彼らに関するメモで埋めつくされていた。

実はアレックスは、輸送車の襲撃に巻き込まれた際に、幼い息子を武装グループの一人に射殺されてしまい、その犯人たちの手がかりをつかむため、ヴィジラントに入り込んだのだった。

復讐への焦燥感から、自ら危険なルートを希望し、武装グループとの接触を図るアレックスだったが、不意に少年グループの襲撃に遭い、正当防衛とはいえ彼らの一人を撃ち殺してしまう。

アレックスは罪の意識からヴィジラントを去る決意をするが、しかし実は、ヴィジラント内部で裏切りが起こっており、一部の警備員と武装グループが結託していることに気づいた。

「ブルー・レクイエム」映画.comより

動画配信サイトで「ブルー・レクイエム」を探してみたところ、レンタルにはなくて、Amazonで販売していました。

フランス版を観ちゃうとオチまでわかってしまいますが、ハリウッド版と比べてみるのも興味深いと思いまして、ご紹介してみました。

リメイク版の内容は?

リメイク版はロサンゼルスが舞台となり、フランスから映画のリメイク権を獲得したミラマックスCEOであるビル・ブロック、アイバン・アトキンソンがプロデュース。

主人公は、ロサンゼルスの運送会社に勤めているクールでミステリアスな男。彼は、毎週数億ドルの現金を運んでいます。

サスペンスを軸に緻密に構成され映画は、時系列を越え、さまざまなキャラクターの視点の間を移動し、スリリングで屈折したストーリー展開が期待できます。

ガイ・リッチー監督がどのような味付けをするかが楽しみです。

ジェイソン&ガイのツーショット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Looking forward to you attempting to even the score on set @JasonStatham

Guy Ritchieさん(@guyritchie)がシェアした投稿 –

ジェイソン・ステイサムがガイ・リッチーとチェスをしている動画なんて、ファンにとってはお宝です!

なんだか楽しそうな動画を観ると、このノリで撮影もしているんだろうなぁ、きっと映画も楽しいだろうなぁと思えてきますよね。

ジェイソン・ステイサムのガイ・リッチー監督作品出演作

1998年 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

公開した年には、イギリスで年間興行成績1位を記録したイギリス製作映画。監督、脚本ともにガイ・リッチー。邦題は「ロック、ストック&スパゲッティ・ソース」

ジェイソンさんの俳優デビュー作でもあり、最初に出演したガイ・リッチー監督映画。一攫千金を狙う4人の若者を軸に描いたクライムアクション。

2000年 スナッチ

2作目はブラッド・ピットも出演していた2000年の作品『スナッチ』。

ジェイソンさんは、裏ボクシングのプロモーター:ターキッシュ。主役と位置付けられている割には、出番が少なかったように思うんですけど。ブラッド・ピットの変人っぷりがステキで、その影に隠れたかもと思うんですよ。

笛を飲み込んだ犬が吠えるたびにピーピー笛の音も聞こえていたちょいワザが、個人的にツボな映画でした。

映画「スナッチ」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~ 原題:Snatch 製作年:2000年 製作国:アメリカ(PG12) 日本劇場公開日:2001年3月10日 上映時間:1...

2005年 リボルバー

一番新しいジェイソンさんととリッチー監督の作品は2005年の『リボルバー』。ジェイソンさんは、罪を着せられ投獄された凄腕ギャンブラーのジェイク・グリーン役。

ファンとしてはやや違和感あるんですけど、スキンヘッドではなく長髪のジェイソンさんが見られる作品。

作品としては、スナッチの方が私は好きでした。

リボルバーからすでに14年。映画公開は2020年以降になると思われるため。15年の時を経て、再びジェイソン・ステイサム&ガイ・リッチーの映画が観られるってことになるわけです。

映画「リボルバー」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~ 原題:Revolver 製作年:2005年 製作国:イギリス・フランス合作(PG12) 日本劇場公開日:2008年6月7日...

という興奮を抑えきれず、書いてみました。