HULUプレミアおすすめ海外ドラマ

Hulu「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」シーズン2|1話から盛り上がるあらすじをネタバレ

洋画も海外ドラマも大好きですが、その中でも楽しみにしているお気に入りドラマのひとつが、Huluで配信している「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」

タイトルの「halt and catch fire」は、「halt」が止める、「catch fire」が発火という意味ですが、コンピューターに対するCPUの動作を停止させるための命令コードから来ているんですって。

タイトル通り、このドラマは1980年代のPC進化期の創造と創生、変革と進化を人の感情や能力、人間関係などをてんこ盛り織り込んだドラマです。

このドラマは実話か?という噂もありますが、舞台となっている「カーディフエレクトリック」は架空の会社。

だけど、1980年代にIBMのパーソナルコンピュータをリバースエンジニアリングしてコンピュータ市場を支配した「Compaq」をモデルとしているそうです。

Huluドラマ「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」は実話?という噂を追ってみたアメリカドラマ「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」ハマりました!抜群に面白いです。まだ日本には全シリーズ入ってきていませんが、今後の展開の楽しみでなりませんっ!魅力のキャストと抜群に面白いと思った理由をご紹介したいと思います。...

主要キャストと私がはまった理由は、こちらに書いていますので、よかったら一緒に読んでみてくださいね。

Huluでシーズン2がスタートし、1話からもう盛り上がっています!

それではシーズン2:第1話のあらすじを綴ってみたいと思います。ネタバレ解説になりますので、ご注意くださいませぇ。


Huluで「ホルトアンドキャッチファイア」シーズン2がスタート!

本作はテキサスのシリコンプレーリーの移りゆく文化と、夢とハッタリ、天才と妄想の境界線上を進んでいく緊張感あるドラマとなっている。偉業達成という野望を抱く人々の、真の革新を成し遂げる力量が試される

Hulu「ホルトアンドキャッチファイア」より

「ホルトアンドキャッチファイア」のシーズン2は、アメリカで2015年に放送。レビュー評価も高く、シーズン1では毎回の緊張感がたまらなく面白かったので、シーズン2スタートを心待ちにしていました。

遂にHuluで、シーズン2がスタートしました。

Hulu「ホルトアンドキャッチファイア」シーズン1最終話のあらすじをざっくりご紹介

4000万ドルの利益を見込んだ斬新なラップトップ「ジャイアント」を開発したカーディフ・エレクトリック。

開発の指揮を執っていたジョーは、カーディフのトップから株式の8%を譲り受け、ゴードンと折半することを約束する。

ただ、ジョーはジャイアントにキラーアプリケーションを組み込みたい野望があり、現状に満足していなかったが、ゴードンに反対され不満が募っていた。

ジョーにスカウトされカーディフでソフトの開発に携わっていたキャメロンは、ジョーとトラブルがあり、カーディフを辞め「ミューティニー」という会社を立ち上げた。

プログラマーがキャメロンについていったことから、カーディフは人材不足に陥る。

やりたいことが実行できず、自分の思惑とは異なり、社ではジャイアントの初出荷便を翌日に控えお祝いムード。

祝賀会がお開きになったところで、ジョーは初荷を積み込んだトラックに火をつけ、燃やしてしまう・・・ ここでシーズン1が終了。

燃え盛るトラックの中に、ジョーは自分が着ていたスーツのジャケットも放り込むんですね。そこにジョーの「今の自分も燃やして消してしまいたい気持ち」が表われてるのかなぁと思って観ていました。

Hulu「ホルトアンドキャッチファイア」シーズン2 1話のネタバレあらすじ

シーズン2の第1話は、20カ月後からスタートします。

1話のネタバレあらすじ キャメロン&ドナ

独立してキャメロンが立ち上げた「ミューティニー」は、最終話でゴードンの妻:ドナを迎え入れていて、更に人員も増やし、オンラインゲームを開発しています。

だけど、「ミューティニー」にはボスが存在せず、いわゆるコンピューターオタク、ゲームオタクの集団。トラブルが絶えません。

部屋は散らかり放題、みんなはやりたい放題、いつでも事務所の中では何らかの工事が行われ、あちこち壊れているし、電源を使い過ぎてブレーカーは落ちる。

そうすると、キャメロンは金持ちの隣の家から電気を拝借しちゃうわ・・で、ドナはブチ切れます。そりゃあ、ドナじゃなくてもブチ切れるわ!って状態。

とりあえずのトラブル回避のために、IBM5610というPCが必要になり、キャメロンが500ドル払ってブローカーからつかまされたのはなんと偽物!

怒ったキャメロンは、ドナと共にブローカーに仕返しをします。それがなかなか痛快!女だからね、腕力では勝てないわけで、そこは知恵の勝負よね。

1話のネタバレあらすじ ゴードン・クラーク

ゴードンは、ジョーがとんずらした後、カーディフ・エレクトリックの社長になっていましたが、カーディフオーナーの決断で会社を売却することになります。

その結果、仕事は失うけれど、株主だったゴードンの手元には80万ドル以上の大金が転がり込んでくるけど、自分のせいで従業員が転職しなければならくなったことを申し訳なく思っています。

ただ、気になるのは、元同僚と昔話をしていても記憶があいまいだったり、子どもと過ごしている時に突然鼻血が出てきちゃったりするんですね。

これは、何か病気の前兆じゃないか?と思わせられます。

シリーズ1ではゴードンは、顔中に髭を蓄えていたんだけど、ジャイアンツの祝賀会をきっかけにキレイに剃ってしまうと、まるで別人!髭がない方がずっと若く見えますよね。

1話のネタバレあらすじ ジョー・マクミラン

新製品に火をつけて燃やしてしまったジョーは、シリーズ1の最終話でとんずらします。逃げ隠れしているというより、何もかも放り投げて旅に出ちゃった、って感じ。

そこで昔からの友人と出会い恋人関係へ。そして、その女性と一緒に住んでいますが無職。

カーディフ売却の連絡が来て、ジョーも株主だったことから売却益を受け取りに社へ赴くと、そこで久しぶりにゴードンと再会。

なんとなくぎこちない会話をしていたところで、ゴードンが会議室に呼ばれ、80万ドル以上の小切手を受け取り、次はジョー。

譲渡された株式は二人とも同じ4%だったはずなのに、ジョーの小切手には60万ドル。オーナー:ネイサンの説明では、燃やしたジャイアントの代金を差し引いたとのこと。

ところが、ネイサンは

「お前には1セントも渡さん。訴えたければ好きにしろ。お前は疫病神だ!善良で勤勉な人々から仕事を奪い、営業本部長のジョンを刑務所送りにした」

と、全身で怒りを露わにして、ジョーの目の前で60万ドルの小切手を破り捨ててしまいます。

1話のネタバレあらすじ 全体からの2話への予想

ジョーは今までしでかしてきたことの膿が一気に吹き出ているような状況。失意を引きずって帰宅し、家にいた恋人にお金が入らなかったことを告白すると、彼女はお金が必要なわけじゃないと優しい言葉を掛けます。

するとジョーは、彼女に結婚を申し込むんですよ。

もしかして・・・寂しいし、悲しいし、そんな自分の気持ちを理解してくれた彼女に、勢いで結婚を申し込んだのでは?と思えるんですけどねぇ

知らないよ、どうなっても。

シリーズ1では、ジョーとキャメロンが付き合っていて、キャメロンは破天荒だし、ジョーだって自分の思ううがままに突っ走るタイプ。最初はよくても、衝突は必須なカップル。

それに比べたら、結婚を申し込んだ女性は穏やかだし、キャメロンより歳も上だし、バツイチだから酸いも甘いも経験済みだから、ジョーにとっては落ち着く相手なのかもしれませんけどね。

失意の底のジョーに比べ、起業したキャメロンは忙しさの極みなんだけど、会社は右肩上がりで成長していくか?混沌の中から抜け出せずに停滞するか?のはざまにあるわけ。

キャメロンは、プログラマーとしては誰もが認める才能の持ち主なんだけど、経営には全く興味もないし、努力するのもイヤ!というタイプ。

だけど、現状のままだといずれ沈没するだろうなぁ・・という状態のとき、キャメロンはカーディフの営業部長だったジョンの出所を迎えに行くところで、1話はThe End。

ここで、私もひらめきましたよ!

自分の会社の経営を、ジョンに頼もうという魂胆じゃないかしらん?きっと図星だと思うわ。

Hulu「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」シーズン2|1話のまとめ

シーズン2はHuluで、毎週土曜日に1話ずつ公開されます。

日本のドラマのようで、連続では見られないのが残念だけど、次はどんな展開になるのかなぁと思いながら過ごすのもまた楽しいかな。

キャメロンがPCでやっているゲームのクオリティが、今と比べ物にならないくらい単純で、インベーダーみたいなのがちょこちょこ動いている時代を感じる代物。

その当時を知っている人なら、懐かしく感じると思うわ。

じゃ、また2話で!

Hulu「ホルトアンドキャッチファイア」シーズン2|トラブル満載な2話のあらすじをネタバレHuluプレミアで配信中の「ホルトアンドキャッチファイア」はシリーズ1のときから、毎回トラブル満載のドラマで、またですかっ!どーすんのっ?がテンコ盛りだったけど、その勢いはシーズン2でも衰えていません。...