海外ドラマ

ドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4の#2はブルースがいよいよ!のネタバレあらすじ

何故か吹替でドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4の2話を見始めちゃった私。ま、いっか。読む手間省けるし、と思ってそのまま観ていましたが、やっぱりなんとなく違う。

落ち着かないんですね。

シーズン1の最初から吹替で観ていれば違和感もなかったのでしょうが、決定的だったのは、ブルースの執事であるアルフレッドです。

おじさんなんだけどめっぽう強くて、オシャレで、しかも抜群に声が魅力的。

アルフレッドの吹替はあり得ない!と感じ、途中で字幕に切り替えました。

音ってのは大事ですね。耳から入ってくる音でイメージの膨らみ方や妄想の世界観まで変わってくることがわかった出来事でした。

では、「Gotham/ゴッサム」シーズン4の第2話「恐怖の死神」についてあらすじを語り倒してみたいと思いますが、ネタバレしていますことをご了承くださいね。


ドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4 第2話「恐怖の死神」

ゴードンとブロックは、ジョナサン・クレインを探して強盗のアジトに踏み込むと、そこには怯えたグレイディ(強盗一味)がいるだけだった。

ゴッサム・アサイラムの所長室にはジョナサンが現れ、リード所長に恐怖の薬物を吹きかける。すると所長には、子どもの頃から怖がっていたピエロの幻覚が・・・

AXN 「Gotham/ゴッサム」シーズン4 エピソード2より

ドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4 第2話ネタバレあらすじ

第2話ネタバレあらすじその1 いつの間にか復活しているペンギン

1話では、恐怖増幅薬を吹きかけられて失態を見せてペンギンだったのに、2話では、いつの間にかいつもの雄弁なペンギンに復活しているんですよ。

ドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4の1話ネタバレあらすじ|恐怖増幅薬でペンギンピンチ!「Gotham/ゴッサム」は、バットマン誕生前を描いたドラマで、バットマンに扮する大富豪のブルース・ウエィンが幼少期に両親を射殺されるところからシリーズ1がスタート。子どもだったブルースが、成長していく姿も見どころ!...

なんで薬の効果が切れてんだ?とは思ったものの、先が面白いからそれは置いとくことにします。

薬の調合をしたジョナサンは、恐怖増幅薬を活用して、弱虫ジョナサンではなくスケアクロウと同化して暴れまくり、遂には刑務所の所長、ゴッサム市警の刑事:ゴードンまでもが餌食に!

第2話ネタバレあらすじその2 恐怖増幅剤に効く特効薬がなんと

ジョナサンは、刑務所を訪れ、収監されている囚人たちにも薬剤を吹き付け、自分の命令に従ってゴードンを始末してしまおうと画策するんですね。

ゴッサム市警が、ペンギンの巧みな演説とやり口によって牛耳られそうな今、ゴードンと共に刑務所へ暴動を収束するために駆けつける警官はゼロ!

だからゴードンはひとりで乗り込んでいき、ジョナサンによって恐怖増幅薬を吹き付けられてしまうんです。

でも、ゴードンは自分の内なる恐怖と戦い、その恐怖に打ち勝ち、薬の効果は自然になくなります。なるほどねぇ、よく考えられているわよねぇ、と思いながら観ていた私。

ところが、ゴードンに迫ってきた恐怖増幅剤によってコントロールされている囚人のひとりに、消火器で水をかけると、あっさりと正気に戻るわけ。拍子抜けするほど簡単に。

そこでゴードンは、天井に付いているスプリンクラーから放水することを思いつき、無事コントロールされていた囚人全てが正気に戻ります。

でもさ、水で薬の効き目がなくなるのなら、顔を洗えばそれでOK!ということですよね?じゃあ、ペンギンがいつものおしゃべりペンギンに戻っていたのは、顔を洗ったからだったのかしらね?

うーん、カンタン過ぎるような?でも、ゴードンがやられないためには、それでよかったのか?

第2話ネタバレあらすじその3 ブルースの危機といよいよのアレ

1話で犯罪者逮捕の現場にいたことでゴッサム市警に収監されてしまったブルース。アルフレッドが迎えに来て、無事保釈。

ブルースの正義感は、日に日に増していき、心配するアルフレッドの言葉になんか、全く耳を貸しませんっ。若いって、真っすぐよねぇ。キラキラ☆って感じ。

強くなったとはいえ、まだまだ生身の体を晒し、顔を簡易マスクで隠しているだけ。子どもから、ようやく「さなぎ」くらいにしか成長していないブルースなんだけど、正義感は人一倍強いから街にパトロールに出かけちゃうわけです。

あーあ、やっぱりね。って感じで、悪党一味につかまりますよ。何とか逃げ切ったと思ったところで、その一味のひとりが背後にいて銃を突きつけられます。

ちょっと話は逸れちゃいますけど、このブルースがシリーズ1で両親を射殺され、ゴードンに保護された時の写真ね。こんなにかわいい少年だったんです。ブルースの成長を感じるからこそ、応援したくなっちゃうわけです。

「渡る世間は鬼ばかり」を観て共感したり、応援したりしているおばーちゃんと同じ心境かもですわ。

で、話しを元に戻しますが、そこに現れた助っ人は?

出た―――!アルフレッドです。

「私はブルース様とは一緒に行きませんよ」とか言ってたくせに、心配でジッとしていられなかったのね。そうよ。

ふたりで帰宅して反省会をしているところにやってきたのが、ブルースの両親が残してくれたウエイン産業の元社員:フォックス。確か今はもう社員じゃないと思います。

フォックスが持っていたキャリーケースを開けると、そこにはウエイン産業が開発していた特殊繊維を使った防護服が入っていました。

そうです!まさにいよいよ、バットマンスーツの原型とも言える服が登場です!このシーン、ひとりでニヤニヤしちゃいましたね。

もうほとんど、私はドラマオタクです。

第2話ネタバレあらすじその4 チャンスがあなたを待つ

一方、女子組のタビサとセリーナ。二人の元に「チャンスがあなたを待つ」という意味深なカードを受け取ります。

指定場所についてみると、驚いたことに死んだはずのバーバラが生きているではないですかっ!そして、ふたりに一緒に武器商売をやろう、と持ち掛けます。

冷静なタビサは「あなたのことが信じられない」と即刻断るものの、セリーナは一緒にやりたい様子。

でも、仕掛けのある立派な武器格納場所を有した立派な屋敷。死んだかもしれなかった女は、どのようにしてそれを手に入れたのかしらね?

影にスポンサーがいる?まだ誰か死んだはずだけど、死んでない人がいる?と、あれこれ想像逞しく考えちゃいます。

一旦は、断ったタビサでしたが、セリーナと共にある条件をバーバラに提示して受けることにします。

そこへ顔を出したのが、ペンギンの手下:アイビー。

そうなんですよ、1話ではペンギンを裏切って『灯りの電源をオフ』にしてたけど、それはペンギンにバレてなかったということよね?その後もペンギンのそばについてたもん。

そんなアイビーが、バーバラのところへ来て、仲間に入れてくれ、と言っても誰も信じないでしょ?

まあ、ペンギンにはぞんざいな扱われ方をされているようだから、そのうっぷんは貯まっているわよね。きっと。

第2話ネタバレあらすじその5 強くなりたい人たち

アイビーの仲間入りをバーバラが許可したかどうか?までは描かれてなかったけど、アイビーはもっと強くなりたい、と言って中国の秘薬を売っている店主を脅し、金庫にある「強くなる薬」を煽るように飲んじゃうのよっ。

恐怖を増幅する薬だの、強くなる薬だの、ドラえもんのポケット悪事版みたいよね。

それでアイビーは顔がどんどん膨らんでいき・・・さて、それからどうなるのか?は、3話に続きます。

そして、もうひとりの強くなりたい人はブルース。こちらはドーピングをせず、密かにフォックスから譲り受けたスーツを着てまっとうな方法で訓練をしています。

さてさて、スーツを手に入れたブルースがどんな風に変身していくか!ここは楽しみです。

ドラマ「Gotham/ゴッサム」シーズン4 第2話ネタバレ感想

ドラマを観ていて「あれ?」と思うシーンがあったとしても、個人的にはスルーできるタイプなので、全体としてドラマに興味が持てて、尚且つ面白くストーリーが進んでいくならOKと思っています。

小さなことは気にならない、小さなことを気にするよりドラマ全体を楽しみたい!そっちの欲が常に勝っている感じですかしらね。

スケアクロウと同化したジョナサンは、そのまま行方不明になっちゃったし、もうペンギンの手に陥落寸前になっているゴッサム市警だし、バーバラが本当は何を考えているか不気味だし

今後の展開も楽しみでなりませんっ。

ペンギンが、ゴッサム市警にやってきて「俺に付くなら、給料は3倍にする」と言うんですよ。そりゃあ、凡人なら3倍の給料を摂るわよねぇ

10万なら30万、20万なら60万ですもん。現実味がないけど・・・

もうすでにゴッサム市警の中で、警察官としての本分を忘れていないのは、ゴードンと部長のハービーだけ。でも、ちょっとハービーの言動も気になるのよねぇ。

言っていることは「確かにそうよね」と思える正当性はあるんだけど、何しろ何もしない、行動は起こさない、ただひたすら様子をうかがっている感じ。

まさか部長になったから守りに入ったわけじゃないですよね?と、思ったりしちゃうのね。

と、とにかく「どうなるんだろう?」「あの人は?」「あれ?」「何をしでかす?」という疑問がいっぱい残るわけで、とどのつまり、それは次回作への期待とイコールでしょ?

やっぱり「Gotham/ゴッサム」は、面白いよねぇと感じた2話でございました。

ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」のキャストを知るとダークナイトシリーズがもっと楽しめる人気のドラマシリーズ「GOTHAM/ゴッサム」は映画バットマンの「ダークナイト」シリーズとキャストがリンクしていて、後にバットマンになる「ブルース」、ゴードン刑事の若かりし頃、キャットウーマンになる「セリーヌ」などが登場。...