邦画

映画「サイバーミッション」の感想を口コミ!音楽が山下智久を生かしきれず残念

基本、洋画が大好きですが、邦画は、出演者や原作が気になった場合、観に行きます。

劇場版コードブルーと同じように、「サイバーミッション」も山下智久目的。ちょっと衣装が好みじゃありませんでしたけど、イケメンは、悪役だろうとかっこいいんです。テーマがサイバー犯罪というのも興味ありましたしね。

映画「劇場版コードブルー」DVD発売決定!キャストと「ナレーションが沁みる」感想「コードブルー」完結編、観てきました!山下智久さん、大人になりましたね。我が子の成長を観ているようです。 医療ドラマファンの私とし...

先日観た「ナチス第三の男」はおじさんばっかりだったけど、今度はおばさんばっかりでした。

みんな山P目的?と思ったけど、そうじゃない?もしかすると、韓国のアイドルグループSUPER JUNIORのハンギョンだったのかしら?

ただ、非常に残念だと感じたのは、音楽が山下智久を生かしきれていなかった点

これは完全に女性に向けたアクション映画だな、と思った感想を口コミします。


映画「サイバーミッション」キャスト

  • ハンギョン

リー・ハオミンというゲームおたくのフリープログラマー。その腕が見込まれ、サイバー犯罪組織の全容解明に助っ人として参戦することになる。

  • リディアン・ヴォーン

チャオ・フェイ ヨーロッパ系中国人。ハッキング技術がわずかにハンギョンに及ばない。表向きブラックハッカーだが・・・実は?

  • リー・ユエン

スー・イー役。格闘技の達人

  • 山下智久

モリタケシ。国際的サイバー犯罪グループのボス。

映画「サイバーミッション」アクション指導が超一流に納得

サイバーミッションのアクションを指導したのは、ラッセル・クロウ、トム・クルーズ、マット・デイモン・ブラッド・ピットの指導にも携わった「ニコラス・パウエル」

なるほど、そうなのね!と激しく納得できる、素晴らしいアクションシーンの連続でしたね。

スー・イーのアクションもキレッキレで、中国武道と思われるキックや身のこなしが優雅でとても素敵だったんだけど・・・アクションの最中にロリポップを口にくわえているのは、いただけないかなぁ

あれには、何の意味があったんだろう?キレッキレのアクションをカッコイイ!と思って見ているのに、ロリポップで興ざめ、って感じ。

ハンギョン

「マレーシアでの撮影の時にビルから飛び降りるシーンの撮影をしたのですが、あのシーンは実はすごく怖かったんです」

「リハーサルで全身傷だらけになりましたが、本番は何事もなく撮影することができました」

Cinema Cafe netより

山下智久

「マレーシアで雨の時期でもあったので、すごい湿度が高くて何もしなくても汗が吹き出てくるくらいの暑さの中で町中を走り抜けたりとか、車の上を駆け抜けたりとか、とにかくすごい運動量だったので、体力的にすごく大変でした。ここまで本格的なアクションは初めてで、命がけだなと思いながらやってました」

Cinema Cafe netより

「サイバーミッション」の音楽が山下智久を生かしきれず残念

完全に中国映画でしたので、山Pはこの作品で海外映画に初出演を果たしたことになります。上海での撮影、中国人監督による中国製作の映画。セリフも概ね中国語でしたが、山Pの英語がとても美しかったのでびっくり。

本人の努力によるものですよね。すごいです。

ひとつ非常に残念だな、と個人的に感じたのは「音楽」。作品を盛り上げるのも音楽だし、イメージを膨らませるのも音楽と思っているんだけど、音楽の充実感がなくて、非常に残念でした。

イケメンを際立たせる演出というは、衣装だったり、キャラ設定だったりといろいろあると思うのですが、音楽も重要な要素のひとつ。

ロッキーや007はテーマ音楽が流れるだけで、映画をイメージすることができますよね。それほどの効果ではなくても、山Pが登場するときは、せっかく影の大ボスという役柄なのだから、それらしいBGMが流れてほしかったかな、という感想を持ちました。

映画と音楽はそれほどに密接な濃い関係性だということを、改めて感じた作品でもありました。

映画「サイバーミッション」感想を口コミ

ハッキングによる犯罪を遂行しようとする側と、それを抑止しようとする側との戦いを描いた作品で、スマホを使って衛星や飛んでいる飛行機まで制御できちゃのかっ!と驚き。

これからの犯罪は、単純な窃盗や強盗より、こうした目に見えない犯罪も増えていくのだろうと思うと、取り締まる側も大変だなぁと思いながら観ていました。

サイバー犯罪が細かく描かれていたわけでもなく、アクション中心というわけでもなく、日中のイケメンを配役して、女性に喜んでもらおうか!というお気楽な映画だったという印象。

最後の最後に意味はあるのですが、山Pの表の顔は、お面に顔を描く能面師。

その職業をイメージしてか、着ている服がまるで丈の長いヤンキー学生が着ていた「長ラン」みたい。もっとシャープな山Pにしてー!とは思ったけど、ま、衣装なら仕方ない。中国側の日本イメージかもしれませんしね。

後半、山Pの仕掛けていたサイバー犯罪の本質がバレて追われるんだけど、水たまりで滑っちゃう。イケメンのアクションは、トム・クルーズみたいに完璧じゃなきゃ!と感じちゃう。

と言うように、個人的にはツッコミどころ満載だったけど、山P観にきたんだから何でもいっか!と思うことにします。

お気楽に山Pやハンギョンを楽しみたい!という女性にはおススメです。