実話を基にした作品

実話映画「オンリー・ザ・ブレイブ」は涙なくして見られない名作!あらすじと感想

「オンリー・ザ・ブレイブ」は、2013年にアリゾナで発生した歴史に残る巨大山火事に立ち向かった20人の男たちの事実に基づいたジョセフ・コジンスキー監督作品。

山火事専門の消防団チームの過酷な訓練、それに体も心も打ち勝った者しか山に挑むことはできないという厳しい世界。

そんな厳しさも、山火事の恐ろしさも、それを守ろうとする男たちの勇敢さも全部事実だと知ってみていると、本当に泣けるったら泣ける。もう号泣!!

ひとりで見に行ってよかった。そんな作品が動画配信サイトでも観られるようになっていますので、ご紹介したいと思います。

作品の概略

堕落しきった生活を送っていたブレンダン青年が、恋人の妊娠をきっかけに生き方を改めることを決意し、地元の森林消防団に入隊します。

だけど、堕落しきった生活をしていたブレンダンにとっては、日々の訓練はまさに地獄。周りはすぐに諦めるだろうと思っていたにも関わらず、訓練に耐え、日々努力し、徐々にチームの親分や仲間と信頼関係を築いていくんですねぇ。

ブレンダンは恋人から三下り半を突き付けられていたから、子供が生まれても会わせてもらえなかったんだけど、ブレンダンの真摯な気持ちが彼女に伝わり、少しづつ心が寄り添っていきます。

序盤は、ブレンダンの背景と、大自然の中で山火事を専門とする消防士たちの生活を丁寧に描いていて、町のシンボルである樹を守るところからクライマックスに入っていきます。

山火事に立ち向かうエリート精鋭部隊「ホットショット」

ホットショットとは国のエリート森林火災消防隊のことを言い、消防の世界のネイビーシールズとも言われています。

ホットショットが山火事と戦うとき、一般的な火事の消火活動のように水を使うわけではありません。溝を掘り、木を切り、境界線を引きます。そして火をつけ、迎え火を起こして山火事と戦うそうです。

映画で山火事と戦う消防隊員が所属していたのは、普通の消防団だったものの、隊長のエリック・マーシュは、隊員たちをホットショット隊員に成長させ、2008年に認可を受け、米国で初めての地方自治体によるホットショット隊になります。

そして、グラニット・マウンテン・ホットショットが実際に活動していたのは6年間。

こちらが、実際のグラニット・マウンテン・ホットショット。

町のシンボルであるツリーを守った時の映像と共に隊員たちが紹介されていますが、実際に映画館で観たときも最後にこの映像が流れました。

勇敢に火と戦ったのに、どうして命を落とさなきゃならなかったのか、何故、神様は救ってくれたなかったのか、ここは号泣でした。

感想

個性あふれる消防隊の面々。オフタイムはごくごくフツーのどこにでもいる青年たちが、いざ現場に入っていくと、町の火事とは違う火消しのテクニックを駆使して命懸けで火と戦う姿は文句なくカッコイイ!

山が燃えているスケールは半端ない!! まさに現場にいるかのように感じられる山火事シーンは圧巻。

撮影隊はグラニット・マウンテン・ホットショットが消火活動を行う場所と同様の山岳地帯で撮影を行ったんですって。

スケールの大きな映像と、愛し合いながらもすれ違う夫婦間、友情や団結、絶対的な信頼関係という中で時に揺れる人の心、一緒くたに楽しめる壮大な作品になっています。

洋画は現実味が薄いので、何を観てもそれほど泣けないんだけど、これは本当に激しく心が揺さぶられます。人って強いけど弱い。守る者、守られている実感があってこそ勇気も湧いてくる。そんなことを感じられる作品でした。

そして、もうひとつ映画館で作品を見る醍醐味は、テレビでは味わえない質のいい音楽の効果。映画にとって欠かせない音楽が、作品の臨場感を引き出し、観ている者の心を引きずり込んでいく。この作品は、音響効果が偉大なわき役になっていると感じました。

心からグラニット・マウンテン・ホットショット隊員の方々のご冥福をお祈りしたいと思います。