特集

2019年上半期の劇場公開映画ではこれが好きだった!洋画ランキングベスト10

2019年も半分終了。上半期に観た映画は、動画配信での作品も含めると70本くらいでしょうか。

「なんだこれ?」と理解不能だった作品、途中で寝ちゃうほど面白くなかった作品、書けない・・・ほど退屈だった作品たちと、邦画は記事にしていないので大体の数です。

劇場公開作品には、心から「観たい!」と思う作品が少なかったのが残念でしたが、ミニシアター系の映画に良作があったように感じています。

あたなの印象に残った映画は、何でしたか??

私が劇場で鑑賞した中から、好みだけで選んだ「2019年上半期洋画ベスト10」を勝手に発表したいと思います。

ランキングにしてはみたものの、どれも好きだった映画なので、甲乙つけがたし!ではありましたことをご理解くださいませね。


2019年上半期の劇場公開映画 洋画ランキングベスト10

1位 グリーンブック

文句なく楽しかった「グリーンブック」は、老若男女、誰もが観られる映画だったことも好ポイントだと思います。

とにかく、黒人天才ピアニスト:ドン・シャーリーとイタリア系白人トニーのバディが最高でしたもの。

最初は、ゴリゴリに人種差別をしていたトニーも、ドン・シャーリーと旅を続ける中で、キャラクターや価値観に違いはあるものの、信頼関係を築き偏見がなくなっていくんですね。

人って人種じゃなくてその人本来の魅力に価値を感じて付き合っていくものだ、ということを改めて感じます。

ラストシーンもほっこりと心が温まり、ナイスな終わり方をしていた作品でしたし、トニーとドン・シャーリーは亡くなるまで付き合いがあったという事実も好感度大です。

実話映画「グリーンブック」のモデルを深堀り!実話との相違点とラストをネタバレ実話を基にした映画「グリーンブック」のレビューや感想を見ていると、「感激」の言葉が多く、みんなのハートをわしづかみした作品だったことがわ...
実話映画「グリーンブック」ケンタバケツ買いの憎めない大食いバディ!ネタバレ感想実話を基にしたグリーンブックは、黒人天才ピアニスト:ドン・シャーリーとイタリア系白人トニーが、黒人差別が色濃く残る南部へ演奏の旅に出かける道中での物語。賛否両論ある作品だけど、私は大好きです。...

2位 ハンターキラー

ハンターキラーは、完全に好みの作品。ドキドキ・ハラハラしながらも、絶対にヒーローは最後に笑う!的な。

この映画の場合、ヒーローは潜水艦の艦長ジョー・ダグラスね。ジョーを演じていたジェラルド・バトラー、めっちゃ渋いです!

映画はもちろんストーリーや構成も大事ですが、誰が出ていてどんなキャラのキャストを演じているのか?ってとこも大事だと思うんですよ。

艦長はジョーは、寡黙だけどやるときゃやるわけで、その決断力にも痺れちゃうわけです。深い海に仕掛けらた魚雷の中を静かに進む大きな潜水艦。ドキドキしまっせぇ~。

映画「ハンターキラー潜航せよ」は米海軍全面協力のイギリス製作映画|ネタバレ感想細かい米海軍と国防総省の関係性とか、ロシアとアメリカの立場とか、潜水艦の性能や機能とか、あらゆる関係性には、全くこだわらない私としては、緊張感ありつつハラハラしつつ、気づけば膝の上のバッグを握りしめて観ていたこの作品は、文句なく大好きです。...

3位 運び屋

「運び屋」は、意外性で心を掴まれた感じ。ご覧の通り、映画のポスターは暗い色遣いだし、麻薬の運び屋と聞いて明るいイメージはないですものね。

なんとなくのイメージが、実際に映画を観るといい意味でガラガラと崩れ落ちた感じでした。

運び屋のじーさんレオは、陽気だし、麻薬カルテルの屈強な男たちに対しても物怖じしないし、麻薬を運んでいる暗さはどこにもないし、実にチャーミングな人物に描かれていました。

だけど、その裏には、娘との確執、妻との関係、というもう一つのテーマがあって、そこも同時進行で描かれているのが、単に老人が運び屋として大金稼いでました、で終わらない良作に仕上がっていたように思います。

映画「運び屋」を観た感想&実話との違いをネタバレ!アールはラブリーなじーさんだった実際に麻薬の運び屋をしていたレオ・シャープの話を基に作られた映画「運び屋」いい意味で期待を裏切る女好きな肝っ玉じーさんの話しでした。えっ?!そんなセリフ、絶対NGでしょ?と思うのに、運び屋の通称タタは憎めない存在でしたね。...
実話映画「運び屋」のレオシャープの逮捕とその後に考えさせられる|勲章授章の意外な経歴も映画「運び屋」の原題は「THE MULE」MULEは、動物のラバを意味しますが、麻薬を密輸するために外国からの運び屋として雇われる素人旅行者を「drug mule」とも言います。作品のモデル「レオ・シャープ」について、実際の逮捕映像やその後をご紹介していきたいと思います。...

4位 アクアマン

アクアマンは、最高に楽しいエンタメ作品です。製作費もかけて、最新の技術を駆使して、べらぼうに楽しい映画に出来上がっています。

アクアマンを演じた「ジェイソン・モモア」彼がアクアマンじゃなきゃ、他に誰ができる?と思うほど、サイコーでしたね。

ちょいちょい笑えるネタも仕込んでいて、愉快爽快な映画です。

海の中の戦いも抜群に美しいけど、実際にロケをしているビーチも目を見張る美しさです。みどころ満載で飽きない作品でした。

映画「アクアマン」ネタバレ感想/海中シーンも陸のロケ地も抜群に美しい!アクアマンは底抜けに明るく、老若男女全てが手を叩いて楽しめる新ヒーロー誕生と感じました。「ジャスティス・リーグ」を完全に凌いじゃった感ありましたね。時々ぷぷっと笑え、海中シーンの映像、美しいロケ地、どこをとっても文句なく面白い映画でした。...

5位 ある少年の告白

この映画を観るまで、世の中に「性的指向やジェンダー・アイデンティティの変更を目的とした矯正治療(コンバージョン・セラピー)」というものがあることを知りませんでした。

どう考えたって、性的指向やジェンダー・アイデンティティがセラピーで矯正できるとは、私には思えないけど、そうした施設に送りこまれる人が今でもいること、鬱や深刻なトラウマをもたらすだけでなく、自殺率も高いという事実がショッキングでしたね。

こうしたジェンダーを扱った作品が増えて、理解が深まり、偏見や差別が少しでも減っていけばなぁと思います。

矯正施設に入れられたベンを守り切れなかった母親の苦悩と、それでも最後には母親がジャレッドを救い出したことに、母の強さを感じた作品でした。

母親役のニコール・キッドマンが、まあ美しいこと!息子と一緒に苦悩し、変わっていく母親を見事に表現していたと思います。

映画「ある少年の告白」あらすじネタバレ&感想|性的指向は矯正治療で治すものなの?性的指向やジェンダー・アイデンティティの変更を目的とした「矯正治療(コンバージョン・セラピー)」での回顧録が基になった映画「ある少年の告白」を観てきました。もっと早く観ればよかった、と思ったほどいい映画でした。...

6位 バイス

バイスはねぇ~、ムカつくんです。このおっさんに。ただ、家族に対する愛情は深い。私利私欲にまみれた強欲なじじいに成り下がらず、家族と同じように国民に愛情を感じていたら、素晴らしい副大統領になったかもしれないのにね。

ま、人間、権力を持つと人格も変わりますからね。こんなこと書いてる私も、もし日本の総理にでもなったら、ごうつくばばぁになるでしょうし。

ただ、チェイニーの影に妻のリンあり!なんです。リンのヘルプがなかったら、チェイニーは副大統領にはなっていませんでしたね。

女強し!です。

【ネタバレ感想】実話映画「バイス」のタイトルに隠された意味は?飲んだくれが野心家へと変貌した陰に妻あり!実話を基にしたというよりドキュメンタリーに近い映画「バイス」を観てきました。バイスというタイトルには、映画の本質が隠れています。野心家または向上心とも言うかな、そんな妻:リンの存在あってのチェイニーだな...

7位 パピヨン

最近観た映画なので、まだ記憶が新しいためのセレクトになっちゃってるかもしれませんが、この映画も二人のバディを演じた「チャーリー・ハナム」と「ラミ・マレック」がすごくよかったです。

映画そのものは、1973年にスティーブ・マックィーンとダスティン・ホフマンが出演した作品のリメイクですが、役者が変わり、時代が変わると、映画もリフレッシュしますね。

パピヨンとルイが、絶望的な刑務所生活の中で、協力しあいながらなんとか過ごしていくわけですが、パピヨンは脱走を何度も試みて、非合法であろうと出ていくことを決して諦めません。

それをひ弱なルイが、あれこれと助けてくれるんですね。やっぱり苦境にあってこそ、信頼できる存在が「心折れない」源なのかな。

映画「パピヨン」ネタバレあらすじ|諦めずにトライする脱獄の成功方法は単純だった1973年に自叙伝小説「パピヨン」を基にスティーブ・マックイーン主演で映画化された「パピヨン」のリメイク版を鑑賞してきました。 個...

8位 スノーロワイヤル

ここまで来て、劇場公開映画を観た本数は少ないかも??と、ふと思いました。ま、いっか。

スノーロワイヤルは、何ていうか・・息が抜けるバトル映画?とでも言いましょうか。激しいバトルがあるものの、なんとなぁーく抜けてる男子が多くて、ちょいちょいやらかしてくれます。

それがふっ、とおかしくて、壮絶なバトルに痛みを感じなくなります。そこが魅力の作品だと感じたかな。

映画「スノー・ロワイヤル」ネタバレあらすじ|思わず失笑してしまう復讐劇だった!映画「スノー・ロワイヤル」を鑑賞してきました。クライムサスペンス映画かと思いきや!いや、そうなんだろうけど、おかしいんです。決してゲラゲラ笑っちゃうコメディではないんだけど、フッと失笑してしまったり、皮肉にニヤリをしちゃう映画でした。...

9位 ビリーブ

すごく優秀なのに、オンナというだけで仕事にも就けなかった時代、困難な闘いに挑んだ女性の実話を基にした作品。

今も尚、法曹界で活躍中のルース・ギンズバーグのお話し。

ルース・ギンズバーグ本人もすごいんだけど、夫がまたすごいんです。子育てにも仕事にも協力的で、尚且つ優秀な男子。

それに比べて・・うちの夫は・・と思っちゃいますよね。でも、その夫を選んだのは自分自身。

何かをつかみ取る人は、運や縁にも恵まれていると感じますが、それ自体もその人が持っている才能かもしれない、と思わされます。

女性必見のパワフルで勇気をもらえる作品でした。

映画「ビリーブ未来への大逆転」あらすじ&ネタバレ感想/先人が今の時代を作ってくれている時は1970年代。たった50年前の話し。違う?50年前って大昔かしら?その頃はアメリカも人種差別だけでなく、女性と男性を差別している、という認識すらなく、性差別が当たり前だった時代。絶対に勝てないと言われていた裁判に臨み、ルース・ギンズバーグが勝利を読み解く。...

10位 ベンイズバック

薬物中毒を扱った作品は多く、2019年にはティモシー・シャラメ主演の「ビューティフルライフ」もそうでした。どちらをランクインさせるか、非常に迷いました。

こちらを選んだのは、薬物中毒になってしまったきっかけが、骨折の治療の際、投与された痛み止めが薬害によるものだったこと。

そんな不幸なことがあるんだ!という驚きと、母親役のジュリア・ロバーツに共感できたことが、こちらを選んだ理由です。

薬物依存の恐ろしさが、よぉーくわかります。

映画「ベン・イズ・バック」ネタバレあらすじ&感想|薬害はこんな悲劇も!薬物中毒施設から突然帰宅したベンとその家族を描いた「ベン・イズ・バック」を鑑賞してきました。 もっとたくさんの劇場で上映してほしい...

2019年上半期の劇場公開映画 洋画ランキングベスト10まとめ

私の中では、どの作品も1位で遜色ないと思っています。こうして書くことで振り返ってみても、いい作品だったな、と感じています。

洋画は、日常生活からの手軽なワープでもあり、知らない世界を覗かせてくれる場でもあるし、知らなかったことを沢山教えてもらえる教科書でもあります。

下半期にはどんな素敵な作品に出合えるかしらん。

とりあえずは、8月に公開予定の「ワイルド・スピード スーパー・コンボ」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が楽しみです!

ではまたぁ~。