映画情報

2019年4月上映予定のおススメ映画は邦画1作&洋画4本!その理由は?

映画のセレクトには、個人的好みがすごく反映されると思うんですね。私は、ホラーが苦手だし、ラブストーリーは俯瞰視するとあほらしくなって好きじゃないし、アニメやディズニーも興味ない。

ヒーロー系は、何故かダークナイトシリーズは大好きだけど、他は興味ないし。あ!でも、アクアマンは面白かったですけど。

映画「アクアマン」ネタバレ感想/海中シーンも陸のロケ地も抜群に美しい!アクアマンは底抜けに明るく、老若男女全てが手を叩いて楽しめる新ヒーロー誕生と感じました。「ジャスティス・リーグ」を完全に凌いじゃった感ありましたね。時々ぷぷっと笑え、海中シーンの映像、美しいロケ地、どこをとっても文句なく面白い映画でした。...

という自分の好みがバリバリに反映している「おススメ」でありますことを、どうぞご理解くださいませね。

2019年4月のおススメは、邦画1本&洋画4本。ちょっと少なめだけど、おススメ映画はどれも全部「観たい!」と思った作品です。

ミニシアターでしか公開されない映画は、上映地域も限られるし、上映期間も短いので、大手の配信会社が扱っている作品を主にしています。

選んだ理由もネタバレなしで書いてみましたので、あなたの観たい!に繋がれば嬉しいです。


2019年4月上映予定おすすめ映画その1 バイス

私は、実話を基にした作品が好きなようです。ということで、この作品にも大いに期待しております。

大統領を陰で操る力を持ってしまったディック・チェイニー演じたクリスチャン・ベールは、役作りのために体重を20キロ増量し、眉毛も脱色して臨んだんですって。

今なお存命中のチェイニーを完全なる悪党として描いたとされるこの作品。こうした映画がまかり通っちゃうアメリカってすごいです。そのうちトランプさんも映画になっちゃうかもね。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスタッフ&キャストによる、ジョージ・W・ブッシュ政権下、アメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われ、9・11後のアメリカをイラク戦争へと導いたとされるディック・チェイニーを描いた作品。

映画.comより

2019年4月5日公開 オフィシャルサイト

【ネタバレ感想】実話映画「バイス」のタイトルに隠された意味は?飲んだくれが野心家へと変貌した陰に妻あり!実話を基にしたというよりドキュメンタリーに近い映画「バイス」を観てきました。バイスというタイトルには、映画の本質が隠れています。野心家または向上心とも言うかな、そんな妻:リンの存在あってのチェイニーだな...

2019年4月上映予定おすすめ映画その2 ビューティフル・ボーイ

ドラッグ中毒になってしまった主人公のニックが書いた回顧録と、その父親:デイヴィッドが書いたニックとドラッグの格闘を綴った「Beautiful Boy」の2冊の本が基になっている。

優秀だった息子と、愛する息子を更生させたい父親との葛藤と過程を描いた実話。

ニックは、Netflixで配信されている人気ドラマ「13の理由」の脚本を手掛けた人物というネットニュースもあるが、13の理由のオフィシャルサイトでの脚本は「ブライアン・ヨーキー」となっている。

「もがき戦う息子を支え続けた8年間」という予告のナレーションが、もう泣けてきちゃう。子供が不幸になっても平気でいられる親なんていないんですっ!

大きなタオルを持って鑑賞しましょう。

映画「ビューティフルボーイ」の原作とティモシーシャラメ演じるニックの生い立ちに迫る最近、実話を基にした映画が増えているような気がしますが、2019年4月に公開のティモシー・シャラメ主演の「ビューティフルボーイ」もそのひ...

2019年4月12日公開 オフィシャルサイト

映画「ビューティフルボーイ」あらすじ&ネタバレ感想|薬物依存の恐ろしさが迫ってくる実話を基にした映画「ビューティフル・ボーイ」観てきました。彗星のことく現われ、瞬く間に人気になったティモシー・シャラメは、クルクルの巻き毛がキュートで確かに美しかったです。薬物の恐ろしさが迫ってくる、ビューティフル・ボーイのネタバレ感想、GO!...

2019年4月上映予定おすすめ映画その3 ハンターキラー 潜航せよ

大好きなシリーズ「ワイルド・スピード」の制作陣によるリアル、かつ壮大な新章とオフィシャルサイトに書いてあったもんだから、もうそれだけで「はい!見まっすっ!」です。

米海軍原子力潜水艦の元艦長ジョージ・ウォーレスと、ジャーナリストで作家のドン・キースが共同執筆した小説を映画化。

攻撃型原潜“ハンターキラー”の限りなく0に近い成功率の任務。うー、ドキドキするぅ~。

2019年4月12日公開 オフィシャルサイト

映画「ハンターキラー潜航せよ」ネタバレ感想|観るなら握り締める物を持参せよ!細かい米海軍と国防総省の関係性とか、ロシアとアメリカの立場とか、潜水艦の性能や機能とか、あらゆる関係性には、全くこだわらない私としては、緊張感ありつつハラハラしつつ、気づけば膝の上のバッグを握りしめて観ていたこの作品は、文句なく大好きです。...

2019年4月上映予定おすすめ映画その4 ある少年の告白

この予告を観たとき、昨年公開されたティモシー・シャラメの「君の名前で僕を呼んで」を思い出したんだけど、この作品は同性を好きになってしまうことに気づいた青年が、それを両親にカミングアウトし、同性愛を「治す」ことが目的の矯正施設に入れられちゃうわけ。

映画「君の名前で僕を呼んで」が観られる有料動画配信サイト一覧~洋画編~ 原題:Call Me by Your Name 製作年:2017年 製作国:イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作 日...

実話を基にした話で、実際に同性愛の矯正施設は、資格を持たない者によって運営されていたり、セラピーを受けさせられた人々の自殺率は高くて深刻な問題になっているんですって。

矯正施設に入れられてしまったジャレッドは、どうなるのかしら・・・

2019年4月19日公開 オフィシャルサイト

映画「ある少年の告白」あらすじネタバレ&感想|性的指向は矯正治療で治すものなの?性的指向やジェンダー・アイデンティティの変更を目的とした「矯正治療(コンバージョン・セラピー)」での回顧録が基になった映画「ある少年の告白」を観てきました。もっと早く観ればよかった、と思ったほどいい映画でした。...

2019年4月上映予定おすすめ映画その5 キングダム

邦画より洋画の方が好きなので、よほど観たいと思った作品か、話題作しか観に行きませんが、キングダムはとにかく予告での音楽に惹かれました。

何度も書いていますが、音楽は映画そのものを良くも悪くもしちゃう重要なわき役、と思っているので、音楽に惹かれると作品にも惹かれます。

ちなみに、キングダムのために「ONE OK ROCK」が書き下ろした「Wasted Nights」映画の壮大さが音楽に乗って、更に更に広がりを見せる感じ。って、まだ映画は観てないし、原作の漫画も読んでないから内容は知らないんだけどね。

でも、想像力を刺激する素晴らしい歌と音楽です!是非、聞いてみて。

2019年4月19日公開 オフィシャルサイト

2019年4月上映予定おすすめ映画 まとめ

3月から4月にかけては、春休みもあるってことで、子供向けの作品も多く、そのため大人向け映画が減るような気がしているのは私だけでしょうか?

最近観た映画ランキングでは、ドラえもんが堂々の1位。確かに、ドラえもんは大人が観てもついつい引き込まれてしまうストーリーになっていますよね。

4月の目玉は「アベンジャーズ」だったりするんだろうなぁ~なんて思いながらも、アベンジャーズはクロスオーバー作品も含め観たことがないので、これは個人的にランク外となりました。

私の4月イチオシは、やっぱりティモシー・シャラメのビューティフルボーイかなぁ。でも、ハンターキラーは好みの作品だし、キングダムにも期待してるんですよね。

と、全部ワクワクしながら公開を待っている5作品でございました。